トップページ | 2004年12月 »

2004.11.25

時代劇スペシャル「五稜郭」を見ました

goryoukaku

流石奇屋ヒットです。

勤労感謝の日に、妻のお姉さんが借りてきたという「五稜郭」を見ました。
いわゆる「日本テレビ時代劇スペシャル」の第4弾で、1988年作。
「日本テレビ時代劇スペシャル」といえば、年末恒例、紅白の裏番組。
堀内孝雄の『愛しき日々』がヒットしたことで、個人的には有名です(86年「白虎隊」)

配役がその時代(というより、「時代劇スペシャル」へ込めた日本テレビのやる気)を反映しており、こんな感じです。

(抜粋。注目は太字)
榎本武揚 :里見浩太郎
勝海舟 :津川雅彦
高松凌雲 :風間杜夫
松平太郎 :藤岡弘
佐藤泰然 :森繁久彌
永井尚志 :高松英朗
大川益次郎 :三浦友和
薩摩軍隊長 :村田雄浩
福沢諭吉 :中村雅俊
土方歳三 :渡哲也
近藤勇 :夏八木勲
島田魁 :松村雄基
伊庭八郎 :館ひろし
カズヌーブ :クロード・チアリ
ブリュネ :岡田真澄
松本良順 :石立鉄男
黒田了介 :西郷輝彦
木戸孝允 :あおい輝彦

渡哲也の土方は、大門(西部警察)ばりに寡黙で、島田魁はスクールウォーズで、松本良順はわかめラーメン。
(すみません。上記文章は、昭和40年代生まれの方限定です)

ちなみに妻は開陽丸で江戸を脱走するときの、船員による「ジャンプ! ジャンプ!ジャンプ!」という掛け声を聞いて、「スチュワーデス物語だわね。教官(高松凌雲役)もいるし」といっておりましたが、残念ながらわかりませんでした。理解できる方いますか?

内容については、あくまでもフィクションとしてみていただければ、長いこと(290分)を除いて、なんの問題もありません。

ちなみに堀内孝雄の『愛しき日々』って紅白で聞いた覚えがありますが、まさかその年ではないですよね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.24

記事にスクロールバーをつけてみました

流石奇屋ヒットです。

この前の記事で、CSSファイルを公開しましたが、元々テキストをベタで表示しておりました。
で、非常に長くなってしまったので、いろいろと探した結果、TAGindexさんの「ボックスに入りきらない内容をスクロールで表示する」を参考にして、下記のように作成してみました。

DIV STYLE="width: nnnpx; height: mmmpx; overflow: scroll;scrollbar-base-color: #xxxxxxx;"

囲みたい文章

/div

上記下線太字の内容をそれぞれ、半角の<>で囲み、nnnに幅、mmmに高さ、#xxxxxxに色の16進表記をし、通常の記事を編集するところの本文に挿入すると、枠ができます。

ちなみに、前回の「スタイルシート(CSS)公開します」では、
DIV STYLE="width: 300px; height: 160px; overflow: scroll;scrollbar-base-color: #330099;"
としています。スクロールバー自体の色の設定も、細かくできるようです。

タイトルやサイドバーのデザインそのものも奥深いものがありますが、記事本文への加工についても、探究心が騒ぎ出しますね。とくにHTMLやスタイルシートは前提知識がまったくないぶん、喜びもヒトシオです。

例えれば、電子ブロック並の探究心です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.23

大河ドラマ「新選組!」情報

流石奇屋ヒットです。
いよいよNHK大河ドラマ「新選組!」も残すところ、あと3回。
各テレビ情報誌では、特集を組んでおり、あやうく近藤勇の最後の台詞を読めてしまうとか。

DVDによる完全版も発売が決定し、妻が早速TUTAYAで予約。
新選組!完全版 第壱集 DVD-BOX
新選組!完全版 第弐集 DVD-BOX

ところで、NHKホームページのドラマ再放送情報では、年末の総集編と再放送情報を提供しているようですが、

「大河ドラマ新選組!スペシャル」(総集編)

第1部「武士になる!」
2004年12月26日(日)16時45分~17時59分 総合テレビ
2004年12月29日(水)12時10分~13時24分 デジタルハイビジョン

第2部「新選組誕生」
2004年12月26日(日)19時30分~20時44分 総合テレビ
2004年12月29日(水)13時25分~14時39分 デジタルハイビジョン

第3部「愛しき友よ」
2004年12月26日(日)21時~22時14分 総合テレビ
2004年12月29日(水)14時40分~15時54分 デジタルハイビジョン

大河ドラマ「新選組!」第33回…総合
「新選組!」第33回「友の死」を「あなたのアンコール」(総合テレビ)という番組内で再放送いたします。
2004年12月30日(木) 「あなたのアンコール」内 詳細未定

この「あなたのアンコール」のページにいってみると、
「今年1年放送した番組の中から、再放送の声が多かった番組、反響が大きかった番組を6時間に渡って一挙生放送するスペシャル番組です。」とあります。

生放送って、何をするんでしょうね?楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.22

そんな彼は国語の先生になった

流石奇屋ヒットです。
だいぶココログでも盛り上がっているようですが、ドラえもん主要声優陣が、来春降板だそうです。

ドラえもんの声、交代へ…大山のぶ代ら来春降板

 テレビ朝日系の人気アニメ「ドラえもん」(金曜後7・0)で四半世紀にわたり、“ドラえもん”の声をつとめてきた女優の大山のぶ代(68)ら主な声の出演者5人が来春降板し、若手と交代することが21日、分かった。“分身”と別れを告げる大山は「ちょうどよい交代の時期。遠い未来までずっとみんなに愛される『ドラえもん』であって欲しい」と願いを込めた。後任は人選中という。

~中略~

 「ドラえもん」は、連載漫画を原作に昭和54年にテレビアニメがスタート。大山は、原作者の藤子・F・不二雄氏が「ドラえもんはこういう声だったんですね」と認めるほどのハマリ役で、人気の原動力になり、ゴールデンタイムに2ケタの視聴率を取る同局の看板番組に成長した。また、放送開始の1年後の55年から今年3月の最新作まで全25作品が映画化され、累計で7800万人を動員している。

~中略~

 第1回放送から同じ役を担当してきた大山(ドラえもん)、小原(のび太)、野村道子(66)=しずか、たてかべ和也(70)=ジャイアン、肝付兼太(69)=スネ夫=の5人は「長いようで、あっという間だった」と25年を振り返った。

~後略~

(サンケイスポーツ) - 11月22日10時42分更新


アニメがスタートした25年前といえば、8才の頃。

翌年に公開された「のび太の恐竜」のストーリーブックを、当時の小学校の友人が見せてくれて、その説明をしながら、友人自身がストーリーに感極わまって泣き出してしまったことを思い出しました。
幼心にびっくりし、もらい泣きしそうになってしまいました。

ちなみに、その友人は大人になって国語の先生になったと聞いています。

とにもかくにも、25年間お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイトルのデザインを変えてみました

流石奇屋ヒットです。

初心者の登竜門。「タイトルのデザイン」を変えてみました。
海外鉄道旅行愛好者さんのBlogから情報を得て、なんとか完成しました。

で、画像の加工でもしようと思ったら、プレインストールされているソフトの使い方がよくわからず、結局、何とはなしにエクセルを立ち上げ、オートシェイプを駆使して作ってみました。仕事場でもよく使うソフトなので、これまたお手軽に作れてしまいました(とはいえ、こんな仕事をしているわけではありません)。

ま、ちょくちょく直していきたいとおもっております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.20

一人称表現

流石奇屋ヒットです。

Blogを初めて、早くも1週間が経とうとしていますが、一人称表現に悩んでいます。
「流石奇屋ヒット」が自分を表す時、「僕」なのか「私」なのか「俺」なのか「マロ」なのか「あたい」なのか「ミー」なのか・・・

今までの記事は、まったく一人称表現を使っていないので、ちょっと文章自体が「骨抜き」な感じもあります。

でも、キャラクター自体が定まってないじゃんということで、
あっさり諦め、しばらく一人称表現を使用しない方向で、がんばってみたいと思います。

「あっさり諦める」というキャラクターが確立しただけでも、この文章の価値はありますね。

ちなみに自分を名前で呼ぶことはしません。現実社会においても似合う似合わないありますので、皆さんも注意しましょう。

では

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.17

唐突ですが、「小豆島」と「淡路島」

shoudotoawaji

流石奇屋ヒットです。

讃岐うどんが好きなので、四国にはよく行きます。

が、とても唐突ですが、小豆島と淡路島の位置を、まったく逆だと思っていました。要するに四国から鳴門海峡より先にあるのが「小豆島」で、高松の上にあるのが「淡路島」だと・・・
一般常識とはどこまでを指すのか?という問題はあるものの、(前向きに考えると)またひとつ勉強をさせてもらいました。

ただ、こういう一旦「そうだ!」と思ってしまうことって、次も絶対、同じ間違いをするような気がします。

まぁがんばります。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.15

セブンイレブンって最近

seven_logo

流石奇屋ヒットです。
セブンイレブンの品揃えが最近、さびしくなったと思うのは気のせいでしょうか?
売れ筋商品がずらーっと並び、商品の数そのものが減ったような気がしますね。

では

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.14

新選組!「源さん、死す」を見終わって

流石奇屋ヒットです。

山南の切腹の時も、平助の斬殺の時もギリギリ堪えられたのですが、今日はだめでした。
泣いてしまいました。しかも妻の前で・・・

BSで2回目を見ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

香川で讃岐うどんを食らうなら①

yamadaya

流石奇屋ヒットです。
はなまるうどんも全国200店舗達成したらしく、広く一般的に讃岐うどんも認知されたようですが、やっぱり聖地香川で讃岐うどんを食べてみるのはいかがでしょう。

何気なく四国を旅行した時に、せっかくだから食べてみようと入った店があのぶっかけ「山下」だったところから、仕事が一段落すると、ほぼ毎年、出かけてしまっています。(ちなみによく空港で販売している「さぬきうどん名店探訪記 その1 山下の讃岐うどん 」の山下です)

せっかくですので、個人的なおすすめの店を連載形式でご紹介できれば良いと思っています。

第1回は、これからの季節に、そして、セルフがよくわからないという初心者の方にもおすすめの一般店(普通のお店という意味です)である「うどん本陣 山田屋」です。

で、ここで注文いただきたいのは、「名物 釜ぶっかけ」でも良いのですが、あえてシンプルに「釜揚げうどん」。
ここの「釜揚げうどん」は、いわゆる香川の釜揚げ有名店よりおいしいと思います。ダシのきいた濃いめのつゆに、釜揚げなのにこしのあるうどん。あつあつをふーふーいいながら、何も語らずに一気に食らう3回に1回くらいは噛んでその食感を楽しみますが、残りの2回はなるべく噛まずに喉ごしを楽しむ。とにかく、食べきった後に、一言感想をいいましょう。

・・・やばいです。勝手に行きたくなってきました。
では


| | コメント (0) | トラックバック (0)

それなりな土曜日

こんばんは、流石奇屋ヒットです。

突然、妻と二人で渋谷のNHKスタジオパークにいってきました。
何気なく館内を順路通り進んでいると、土曜スタジオパーク収録後の八千草薫さんを目撃しました。
取り巻きがたくさんいたので「!!」と思ったものの、一人であるいていたら「順路を逆に歩く、おしゃれな小さいご婦人」として、自然にすれ違うところでした。
ホントにちいさかったです。

帰りは、原宿駅まで歩いたのですが、国立代々木競技場の渋谷門から南門の間がSPらしき人たちや、パトカーなどがとまり物々しい感じでした。
VIPでも来ていたのでしょうか?ちなみに第58回全日本体操選手権大会JBL2004-2005シーズン(バスケットボール)がやっていたようです。
もしくはインドアプールにTom Hanksでもいましたかね?

原宿から山の手線に乗りましたが、新宿駅の目の前で、電車がとまりました。
その瞬間、嫌な予感はしましたが、やはり「人身事故」があったようです(今現在、ニュースにはなっていないようですが)。
しかも新宿駅の山手線外回り・・・ってこの前の電車じゃんと思いつつ、30分足止めされてしまいました。
動かない電車の中で30分待たされるって、慣性の法則に逆らっているようで、かなり辛かったです。
しかも混んでいたので。

ということで、それなりな土曜日ということです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.11.13

ある晴れた日曜日の午前中に図書館に行くということ

aozora

みなさんはじめまして流石奇屋ヒットです。

唐突ですが「あなたにとって一番幸せと感じるときは?」と質問されたら「ある晴れた日曜日の午前中に図書館に行くということ」と答えるようにしています。ま、実際にこんな質問されたりはしませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2004年12月 »