« 今日は一年で最悪の日? | トップページ | 月刊『後感』:創刊号 »

2005.02.02

文章トリック:消えた100円玉

この話は高校時代にバイト先で聞いた気がする話です。出所は良くわかりませんが、ほんとに消えるんですよ。100円玉。

ある有名なお土産屋に仲の良い3人のお客さんが来ました。 そのお客さんは売り子に誘われるがまま、1,000円のお菓子を一人一つずつ購入しました。 売り子が3,000円を持って、レジを打とうとレジカウンターまで戻ると、奥で手の離せない仕事をしていた、店長いわく 「あのお客さんは、常連さん方なので、まとめて500円をまけてあげてください」 と売り子に伝えました。

売り子はその商品とおつり500円を持って、他の商品を見ているお客様のところに行こうとしましたが、ここでちょっといやしい心を働かせます。

すなわち、この500円のおつりを、200円を自分に、残りの300円をお客様に返そうと思ったわけです。

売り子は、淡々とお客様ひとりひとりに100円ずつのおつりと商品を渡し、ポケットの中に200円を忍ばせましたとさ。

ここで、この物語に登場するお金について整理したいと思います。

①元々この場には3,000円がありました。
②一方で、お客さんは一人100円ずつおつりをもらっているので、実際に商品は900円で購入したこととなります。
すなわち、900円×3なので、商品は全部で2,700円。
③で、売り子のポケットの中には200円。

①は②と③のを足し合わせた値になるはずですので、
3,000円と商品の2,700円とポケットの200円・・・

3,000円=商品の2,700円+ポケットの200円・・・

3,000=2,700+200

3,000円と2,900円。

!!100円玉は一体どこに!!

・・・

やっぱり文章にすると無理がありますね。
これって口頭だと、結構、100円玉が消えます。
ちょっとした、知的な集まりの時にでも、お試しください。
ただし、会計系の事務の方には効き目なしです。


|

« 今日は一年で最悪の日? | トップページ | 月刊『後感』:創刊号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63046/2785660

この記事へのトラックバック一覧です: 文章トリック:消えた100円玉:

« 今日は一年で最悪の日? | トップページ | 月刊『後感』:創刊号 »