« 月刊『後感』:創刊号 | トップページ | 『「放置しているブログ」を紹介するブログ』を紹介 »

2005.02.05

居酒屋で、鍋以外の汁の雑炊を作る

こりゃうめぇ」という居酒屋があります。

金曜日に、そこで飲み会を開きました。

前日のTVチャンピオンで鍋対決を見ていたばっかりに、「今日の飲み会のメインは「鍋(というよりその後の残り汁で雑炊!!)だぁ」と意気込んでいました。

ハフハフ!おじやまで食べつくそう!アジア人気鍋料理人決戦
放送日:2月3日スタジオゲスト:大仁田 厚

寒さが身にしみるこの季節。こんな時に食べたいのが「鍋」。体が芯から温まるだけでなく、なぜか心までやすらぐ。 そんな鍋料理を極めた料理人たちが集結。真冬の街角を舞台に、熱い戦いを繰り広げる。 冷蔵庫の残り物で作る豪華鍋や山盛りの白菜を使った巨大鍋、さらには汁まできれいに食べ尽くす創作鍋まで。 より多くの人の心をつかむ料理人は誰か?

TV東京HPより


が、メニューに「鍋」がない!!店の人に聞いても、やっぱりない!!

しょうがないので諦めつつも、未練がましく「土鍋大根」を注文。

小さい土鍋」と「それを支える台」と「それを支える台の下にある青い固形燃料」が到着。鍋の中身は油揚げと大根。

暖めます。食べます。おいしいです。でも、基本的には「おでんのダシ」。


まだ未練がましくしていると、若い店員の方が一言

「お客様、雑炊にしますか?」・・・

「えぇ!!出来るんですか?」「はい(ニコっ)」「じゃ、じゃぁおねがいします」

普通のご飯」と「他の調理に使用するのであろう生卵」、それから「追加の青い固形燃料」が登場。

で、おでんベースの雑炊が出来上がりました。

早速、食らいます。

・・・

うまい!!

・・・

この記事のテーマは

「こりゃうめぇの若い店員の方の気がつくことに賛辞を送る」ということと

「おでんの汁の雑炊は、思ったより「こりゃうめぇ」」ということです。


|

« 月刊『後感』:創刊号 | トップページ | 『「放置しているブログ」を紹介するブログ』を紹介 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63046/2818577

この記事へのトラックバック一覧です: 居酒屋で、鍋以外の汁の雑炊を作る:

« 月刊『後感』:創刊号 | トップページ | 『「放置しているブログ」を紹介するブログ』を紹介 »