« 「モブログ京都」連動企画3!!最近京都に行かれた方の記事をご紹介するの1 | トップページ | 「モブログ京都」連動企画4!!最近京都に行かれた方の記事をご紹介するの2 »

2005.03.09

Googleがgood

モブログ京都は、一旦休憩して、久々のgoodシリーズ。

今回は「Google」。

Yahoo!ニュースより

検索キーワードの候補を先読み表示する「Googleサジェスト日本語版」

グーグルは9日、検索ボックスに入力中の文字から想定されるキーワードを先読みして表示する「Googleサジェスト日本語版」を、実験サイトの「Google Labs」内で公開した。

 Googleサジェスト日本語版は、従来のGoogleと同様にユーザーが検索ボックスに文字を入力すると、入力された文字列からキーワードの候補を先読みし、キーワード候補のリストとそのキーワードの検索結果が何件になるかを表示する。

 キーワード候補の表示は文字入力に応じてリアルタイムに変化し、日本語入力で文字を確定させていない段階でも表示が開始される。たとえば、検索ボックスに「い」と入力すると、「インフルエンザ」「インフォシーク」といった候補が表示され、さらに入力した文字に応じて新たな候補が次々と表示される。

~後略

で、実際にそのGoogleサジェストに、いっていろいろ試してみました。

ふむふむ。なるほどね。

要するに
「(さりげなく)変換する前に変換候補を出しますよ。変換候補には、おおむねの検索結果の数も出しますよ」ということのようです。ま、記事の通りです。

変換しようとする前で、その変換候補がでるって機能自体は、すごいですね。
前述の(さりげなく)は、変換候補が出るタイミングを示していて、
「次の文字入れるの?入れないの?入れないね?じゃぁ変換候補だしてあげるよ」
ってくらいのもんで、早すぎるといったストレスはありません。

後は候補に出る文字の並び順がどういうロジックなのかだけですか、「Google サジェスト: よくある質問 」にある内容にあるとおり

前略~Google サジェストでは、表示される候補のランクを検索全体での人気度を用いています。これの例となるのがGoogle Zeitgeist です。Google サジェストで候補を表示する際、ユーザー個人の検索履歴は考慮されません。

なのだそうです。ヒット数ではなく、検索された回数ということなのでしょうか?
確かに、リストに並ぶ文字列と検索結果の数は降順ではなく、バラバラですね。
例えば、「あ」と入れた場合の検索候補上位とそのおおむね結果数は、
「あびる優   41,700」
「朝日新聞 2,590,000」
「愛知万博 278,000」
ということです。

でも、近しい言葉を検索したいときに、多くの検索結果順に並べて欲しいと思ったりするときもあるわけで、そういう個別設定できれば良いんじゃないかとも思いました。例えば、そんなに人気ではないが、調べたい作家の苗字しか分からない場合のヒント機能などに利用できたりするんじゃないのと思うわけです。

ともかく、前述した「変換しようとする前で、その変換候補がでるって機能」は良いです。
なんか他にも使えそうですね。邪魔なケースもあるかもしれませんが。

|

« 「モブログ京都」連動企画3!!最近京都に行かれた方の記事をご紹介するの1 | トップページ | 「モブログ京都」連動企画4!!最近京都に行かれた方の記事をご紹介するの2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63046/3236338

この記事へのトラックバック一覧です: Googleがgood:

« 「モブログ京都」連動企画3!!最近京都に行かれた方の記事をご紹介するの1 | トップページ | 「モブログ京都」連動企画4!!最近京都に行かれた方の記事をご紹介するの2 »