« 月刊『後感』:05年3月号 | トップページ | 唐突ですが、「人生いろいろ」 »

2005.04.04

残り2.4キロなのに

不謹慎とは知りながら、昼休みにYahooニュースを見ていて、思わず噴出してしまいました。

Yahooニュースより
社会ニュース - 4月4日(月)3時11分

首都高川崎縦貫線、2・4キロ残して工事費が底をつく

東名高速と東京湾アクアラインを結ぶ、建設中の首都高速道路「川崎縦貫線」の1期区間(川崎市、7・9キロ)が、あと2・4キロの段階で工事費が底をつき、多額の資金不足に陥っていることが3日分かった。
~中略
1期分は、着工の1991年には2500億円だったが、耐震・地盤工事がかさみ、度重なる増額で、2001年秋、5684億円になった。このうち工事費は3518億円で、工事進ちょく率は79%。用地買収は99%終了している。

公団の内部資料などによると、事業の完成にはいまの工事費より1000億円以上多くかかり、最終的には4500億円を上回る見込み。予定の工事費はほとんど執行済みのため、公団では今後の主要工事の発注を見合わせている。

・・・特にコメントありません。

時速80キロで、約1.8分の距離だったり、5684億円のうち、3518億円が工事費で、その3518億円が4500億円になるってことは、6666億円。で、「6666億円って、あまり気持ちの良い数字ではないですね。」的なコメントは一切ありませんです。

|

« 月刊『後感』:05年3月号 | トップページ | 唐突ですが、「人生いろいろ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63046/3564428

この記事へのトラックバック一覧です: 残り2.4キロなのに:

« 月刊『後感』:05年3月号 | トップページ | 唐突ですが、「人生いろいろ」 »