« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005.05.27

新選組!来年1月続編放送

カテゴリは、ニュースなのか、映画・テレビなのか、迷いましたが、こんなニュースが飛び込んできました。
しかも出所は、NHK。

2006年(平成18年)正月時代劇は『新選組』の続編に決定!

2006年(平成18年)正月時代劇は『新選組』の続編に決定!

 昨年に放送された、大河ドラマ「新選組!」には、放送終了前後から、続編の希望が多く寄せられ、終了後半年を経過した現在も、手紙やメールでの続編希望が届いています。

 そうした視聴者の皆さん方からの熱い要望にお応えして、来年・2006年(平成18年)の正月時代劇として、土方歳三を主人公に「その後の新選組」(正式タイトル未定)を制作することになりました。

 近藤勇が主人公であった大河ドラマでは、近藤の死をもって物語が終了しましたが、盟友である土方歳三は、会津から奥州、そして函館の「五稜郭の戦い」で、その波乱の生涯を閉じました。ドラマではその後の土方を描きます。脚本は、大河ドラマ「新選組!」を執筆した三谷幸喜さん。主演は同じく大河で「鬼の副長・土方歳三」を演じた山本耕史さんです。

三谷幸喜さんから…

 大河ドラマ「新選組!」を観続けていた人には最高のプレゼントに、観ていなかった人にはそれを思い切り後悔させるような作品に、したいと思います。

山本耕史さんから…

 大河ドラマが終わってからも、伺う先々で、土方歳三のことを言われました。また、その際、「続編を見たい」というご要望もずいぶんと耳にしました。今回、正月時代劇で「その後の新選組」を描くことになり、今から楽しみにしています。香取=近藤勇の志を受け継いで、精一杯演じたいと思います。

いやいや、これまた凄い事ですね。パチパチ。
実は、まことしやかにこのウワサのようなものが流れた時、
直感的に、「やるとしたら、あの【大化の改新】の枠だろうなぁ」などと思っていたら、当たってしまいました。
正月時代劇ってあの枠ですよね。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2005.05.24

違いのわかる男

その昔、「違いのわかる男」というインスタントコーヒーのキャッチフレーズがありました。

(何故、違いのわかる男が、インスタントコーヒーを飲むのか?)という疑問を、その当時(子供の頃)から思っていましたが、今や、そのインスタントコーヒーじゃなければ、コーヒーじゃないと思えるくらい【ネスカフェゴールドブレンド】ファンの流石奇屋ヒットです。
久しぶりの自己紹介文からのスタートです。

Yahooニュース 社会ニュース - 5月23日(月)3時7分より

苦味感じる遺伝子、人類進化で急速に退化

 苦味を感じる遺伝子は人類進化の道のりで急速に退化したことを、総合研究大学院大学(神奈川県葉山町)の郷康広研究員らが突き止めた。

 苦味への感受性は、毒を体内に取り入れないよう備えられたとされているが、人類は、発達した脳で毒を学習し、実際に食べなくても見分けられるようになったことが急な退化の原因らしい。この成果は米遺伝学会誌の今月号に発表された。

 苦味を感じるセンサーを作り出す遺伝子は人類では25個が働いている。ほかに機能を失った残がいのような遺伝子が11個ある。

 研究チームがチンパンジーやゴリラ、マカクザルなど12種の霊長類の苦味遺伝子を調べたところ、これらが持つ残がいの遺伝子は人類よりも少なかった。さらに、1個の苦味遺伝子が機能しなくなるのにこれらの霊長類では平均して約780万年かかっていたのに対し、人類は約200万年と退化が3・9倍も速かった。

(「毒」は苦いのか?)という疑問と
(「違いのわからないのは人類」だ)と簡単に思ったのでした。

ついでに、あまり子供の頃と疑問のポイントが変わっていないことにビックリしたりして。

しかし記事の内容・・・これも人類の進化なのでしょうか?
「人類進化で急速に退化」って言い得て妙ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.22

21日(土)大安の出来事

5月13日ぶりの更新です。
日記カテゴリ的には5月4日ぶり。
すんません。

いやはやブログ5月病ですかね。
別ブログの書評の間はそれなりに更新しているので、あれですが・・・


・・・さて、


日にちが変わってしまいましたが、昨日21日土曜日は大安でした。
土曜日で大安。

はい、絶好の結婚式日和でございました。で、私も漏らさず行って参りました。

会社の後輩の披露宴。レストラン・ウェディング。

そしてその立場はなんと・・・

主賓

・・・

こんな薄っぺらい人生を送る30代前半の男が

主賓

・・・

こんな雑駄文ブログの更新を1週間もさぼるような男が

主賓

・・・あの~~古い人間と思われてしまいそうですが、主賓ってのは、もっと威厳があって、もっとエグゼクティブで、人生の酸いも甘いもすっかり分っていて、若い二人の新しい門出を、ご両親と共に、お祝いするって立場にある人だったりしませんか?

・・・自分が主賓になってしまったということを、自分のブログのネタにするような人間は、主賓をやってはいけないのではありませんか?

と思いつつ、ちゃんと挨拶させてもらいました。
社内結婚(新婦は既に退社)なので、さながら会社同期会のような披露宴ではありましたが、とても素晴らしい披露宴だったことは確かです。

ちなみに、わたくし今回で人生2回目です。主賓

・・・みんな、もっとちゃんと人選してね。とはいえ、改めて『おめでとう!!』です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.13

「宝くじ業界では、疑い深くなければなりません。」と運営部長が語った。

exciteニュース「世界ビックリニュース」より

[ニューヨーク 11日 ロイター]
中華料理のクッキーに入っていたおみくじの数字は正しかった!

宝くじの「パワーボール・ロッタリー」で、110人がクッキーのおみくじに記されていた数字に賭けたところ、6つの数字のうち5つが正解の2等に当り、賞金10万ドル(約1060万円)から50万ドル(5300万円)を獲得した。パワーボールの運営部長のチャールズ・ストラット氏が10日、明らかにした。

統計的な確率法則によれば、全米27州、ワシントンDC、バージン諸島によって運営されている宝くじの当籤者は、1040万人の購入者のうち4、5人になるはずなのだ。

しかし3月30日の宝くじでは、その20倍もの当籤者が出てしまい、1900万ドル(約20億円)もの払い戻しをしなければならなくなった。

ストラット部長はロイターに「何かが間違っていたのです。この結果は確率の常識を超えています。だから、システム上に重大なエラーがあったのか、もしくはなんらかの不正行為を疑っているのです。宝くじ業界では、疑い深くなければなりません。統計的な異常があれば、精査します」と語った。

エープリル・フールの4月1日に当籤者が賞金を取りに来始めた時、宝くじを運営する「マルチ=ステート宝くじ協会」関係者は、当籤者を徹底的に質問攻めにしたという。
後略

ストラット部長のコメントや「マルチ=ステート宝くじ協会」関係者の行動(共に太字)が、どこまで真剣に語ったり、行動したかは知りえませんが、このまま読んでしまうと、世知辛い世の中なのだなぁ~などと思うのは私だけでしょうか?
確かに宝くじ業界的には大きな損失なのですが、夢を売ることが商売のこの業界で、このようなファンタジーすら許容できないってのもいかがなもんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

流石奇屋~書評の間の出来事。

月に一度、月刊『後感』にて登場する、自サイトのご紹介です。
このたび、別運営している書評専門ブログの「流石奇屋~書評の間」の読後感想が、50冊に達成いたしました。

パチパチ。

ということで、せっかくなので連動記事です。以下、記事内容をご紹介。
我ながら良く頑張った。よくやった。

2005年05月13日(金)22時17分22秒
自分でお祝い!!お蔭様で「読後感想」が50冊達成しました。
テーマ:ブログ

タイトルの通りでございます。 特段意識してませんでしたが、ブログテーマ一覧を見てて気がつきました。

いやいや、ありがたいことです。これもひとえにご覧いただいている皆様のお陰だと思っております。
この場を借りて、感謝申し上げます。ありがとうございました。
このブログの立ち上げは今年の1月ですが、それまでは「流石奇屋本舗 」に所収してあって、昨年11月13日から始めています。なので、丁度6ヶ月で50冊なんですねぇ。
せっかくなので、年100冊を目指して行きたいと思います。
これからも応援よろしくお願いいたします。

そんなこんなで、記念としてブログテーマの見直しをしちゃいたいと思います。
具体的には読後感想を細分化してみたいと思います。過去の記事をより分りやすくご覧いただけるように工夫してみたいと思いますので、ご期待ください。

でも最近こっち(本舗)より向こう(書評の間)の方が繁盛していたりして、本舗はあっちなんじゃないかって思う、今日この頃。
じゃ向こうを本舗って名前にしたら、こっちはなんて名前に改名すりゃいいんでしょうか。

「流石奇屋~駄文の勝手口」くらいでしょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.09

感動的なサイト発見:1980~83年に流行した電子ゲームの紹介サイト

「Jun Amano's Homepage」というサイトを見つけました。

1980~83年に流行した電子ゲームの紹介をされているサイトです。

私の80年~83年といえば歳でいうと、9歳~13歳。学年でいうと、小学校3年生~中学1年生。
東京の片田舎で、のんびり過ごしていた時期でございました。

で・・・このサイト。

そんな私にとてもマッチしています。

マッチしすぎで困っちゃうくらいです。

決して裕福ではなかったはずで、そんなに所有していた記憶はありません。
大抵が「お金持ちの友達」の家に行き、やみくもに電子ゲームをやるって感じだったと思います。
会話もなく、ただ黙々と。
残酷なことをいってしまえば、「ゲームがやりたくって友達になってみた」なぁんてこともあったりするわけです。

子供ですから。

で、なんせマッチしすぎですから、じっくり見たいのは山々ですが、ここでこの興奮を記事にしてみました。

任天堂のゲームウォッチシリーズは当然として、

「おぉぉパックマンのこのフォルムゥゥ!!」

とか

「ぬぉぉカード&デジタルの小さいボタンの質感んんん!!」

とか

「あぁぁ電卓なのにぃぃ」

と、興奮することしきりなのです。

そして、我が家に唯一あって、いろいろな思い出を作ってくれた、極めつけが、

「ゲームロボット九」!!

・・・九って漢字ですよ。

・・・やたら音が出かかったんですよ。

・・・何故か野球ゲームのできちゃうんですよ。

涙が出るほど懐かしく思ってしまいました。

30代前中半の諸兄は、是非お立ち寄りください。

「Jun Amano's Homepage」

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.05.08

「新選組!」完全版を見終わって

GWはどのようにお過ごしでしたでしょうか?
私は、ほどほどに外に出てはいましたが、ほとんどの日中、妻と二人で「新選組!」完全版を見ておりました。
とはいえ、全49話をGWの10連休で見たわけではありません。「24」ではあるまいし。

2月下旬に第一巻が我が家に来て、土日に、ちびちび見て、
4月下旬に第二巻が我が家に来て、GWに、がんがん見て、
本日見終わりました。

で、せっかくなので簡単に感想です。

ここからは、昨年の大河ドラマが好きで、完全版を見ていらっしゃる方限定のちょっと「ヲタク」なお話です。
もっとも、04年から今までに京都に3回行き、妻にいたっては5回行っていたりする方、
座談会だけが見たくて「新選組!スペシャル」まで買ってしまった方、

などは大歓迎です。(私のことですが)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「新選組!」が好きな人にとっては、自分の好きな回があると思います。
大抵の人は25回「新選組誕生」(芹沢の死)だったり、33回「友の死」(山南切腹)だったり、最終回(近藤斬首)だったり。ちょっと通な感じの人は5回「婚礼の日に」(三谷脚本の妙)とか7回「祝四代目襲名」(試衛館メンバー勢ぞろい)だったりするのでしょう。それらは、もちろん私も大好きな回です。

が、全49話通して見たことで、改めて好きになった回があります。その回とは

第26回「局長、近藤勇」。

話の筋は、芹沢暗殺から8ヵ月後、史実にもある「大阪町奉行所の内山彦次郎暗殺」であり、新選組の数々の所業から見れば、比較的小さな出来事だったります。ですが、大河ドラマでのこの回は、主人公である「近藤勇」の変化がクローズアップされいます。前回までは、ちょっと頼りなかったのが、この回からいきなり「局長」になっていたりする訳です。もちろん総髪に変わったという点でも大きな変化ではありますが、それ以外にも前回までの展開からは、「おぉぉ」ってのが多いのです。

内山彦次郎とのやりとり。身分の違いを笠に着た彦次郎の発言に対して、「あなたのような方がいる限り徳川幕府に明日は無い!」と怒り爆発の近藤。
そして、内山を斬る事を決断し、土方に「闇討ちはするな。正々堂々と勝負しろ。」と命令する近藤。

絶対服従であるべき幕府への、ある意味で愚弄とも取れる発言。
殺生を誰よりも嫌っていた人物設定から大きく逸脱した斬殺発言。

演じる香取慎吾さんに至っては、声のトーン・迫力がまるで違う。
ちょっと気になっていた「大きく息を吸ってから台詞を言う」という癖が完全になくなっている。

前回との間に大きな隔たりを感じる回なのです。
なので、続けて見てみると「おぉぉ」となるわけです。
この変化をはっきりと示したことで、池田屋事件や、山南切腹の近藤勇の立場・発言・考え方が際立ったのだと思いました。

ということで、第1回から見続けて、見つけた私の好きな回は、第26回「局長、近藤勇」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.04

ステッパーがブームなのです。

「ステッパー」という健康器具をご存知でしょうか?
通信販売で有名な、これです。
健康メガショップ「ケンコーコム」よりステッパー選りすぐり商品

いつの間にか我が家にありました。
そして本日、妻の実家に帰省(車で40分程度)してみると、義姉宅でもどうやら購入しているらしく、「(妻の)家系的にブームなのね」などと微笑。
一気に2,300回カウントさせて腰を痛くなったという笑えない話もおまけに登場。

その後、私の実家に帰省(妻の実家宅より車で5分程度)してみると、居間入り口に鎮座していた「ステッパー」

・・・本日遭遇した4家族中2家族で購入

これは、一体何的にブームなのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.02

GWなので、日帰り観光記②

「GWなので、日帰り観光記①」からの続き。

さて、入らぬ心配もさておいて、無事乗り込めた私と妻。
周りを見渡すと、意外に外国人の方々が、少ないです。これって外人向け観光スポットと思っていましたが、外国人の方々は片手に納まるくらいの人数でした。ちなみに英語ガイド用のイヤホンが配られておりました。

定刻15時に出発。バスガイドのお姉さんの声もはつらつに、バスは、三菱ビルを出発します。

以下、ガイドとお客のやりとり。

◆ガイド「皇居からの景観を配慮してこの辺りのビルには、看板がありませ~ん」(本郷通り)
◇お客「へぇ~(比較的小さめ)」

◆ガイド「風薫る5月とも言います。皆様思いっきり空気を吸って、目で楽しむだけでなく匂いを楽しんでみてくださ~い」(代官町通り)
◇お客「すぅ~(深呼吸のようなもの)」

◆ガイド「このバスは街行く人の目を引きます。是非皆様。街行く人に手をふってみってくださ~い」(銀座あたり)
◇お客「・・・(恥ずかしげのある失笑のようなもの)」

・・・

みたいなことが、45分続き、無事三菱ビルへ到着。
オープンな2階建てバスなので開放感がありますが、この日は風が強くてビュ~ビュ~いってました。髪とかもボッサボサ。ま、でもよい観光でした。意外に皇居の周りって長いのね~とか思ったりして。

ということで、無事、東京観光を終えた我々は、その足で丸の内線で銀座まで行き、歩行者天国となっている銀座4丁目交差点あたりから銀ブラと洒落こみ、帰宅したのでした。

・・・

・・・

あ、ここで大変重要なことを書くのを忘れていました。

私、週に2回程度、大手町付近で仕事しています。

ということで、そんな私が勤務先のビルとかを2階建てオープンバスで、『東京のはずれの人』として、ご覧になっちゃったわけです。

そう、私にとって、この観光の真のそして奥深いテーマは、

勤務先を観光する。

ことだったのです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005.05.01

月刊『後感』:05年4月号

流石奇屋~書評の間(Ameblo)」での書評を月単位でご紹介する連動企画。月刊『後感』でございます。4月号です。

以下、本文。

毎度のことですが個人的な相対ランキングなのでご容赦ください。

第1位;「グラスホッパー」 伊坂幸太郎
;エンターテイメント小説;2005年04月18日(月)00時16分37秒
伊坂氏、3ヶ月連続第一位。
「ヤングマン-YMCA」あたりの西条秀樹バリです(古い)。とはいえ、良いものは良いわけ(訳)で、それがわけ(理由)なわけ(ワケ)です。登場人物にちゃんと顔があるというか、それがリアル過ぎるほどだったりするのです。

第2位;「象の棲む街」 渡辺球
;ファンタジー小説;2005年04月23日(土)18時27分55秒
サッカメッケ本から見つけたファンタジーもの。猥雑・陰湿な近未来の日本をどこまで書ききるかというテーマに対して、連携短編で挑んだ意欲作です。

第3位;「世界は密室でできている。」 舞城王太郎
;エンターテイメント小説;2005年04月21日(木)21時31分27秒
新しい青春小説。最近文庫本化されたようで、Web上でもちらほら書評が上がってまいりました。舞城氏って、この後どんな方向に行ってしまうのか非常に楽しみです。

第4位;「太陽と戦慄」 鳥飼否宇;推理小説;2005年04月29日(金)22時20分05秒
第5位;「暗闇の中で子供」 舞城王太郎;エンターテイメント小説;2005年04月08日(金)01時57分48秒
第6位;「エソラ VOL.1 2004.12」;物語雑誌;2005年04月09日(土)10時15分22秒
第7位;「龍臥亭幻想 上・下」 島田荘司;推理小説;2005年04月01日(金)21時41分43秒
第8位;「松浦純菜の静かな世界」 浦賀和宏;推理小説;2005年04月27日(水)21時33分23秒
第9位;「LAST」 石田衣良;エンターテイメント小説;2005年04月19日(火)23時48分30秒
第10位;「平家物語第四巻【義仲対義経】」 森村誠一;歴史小説;2005年04月02日(土)01時34分11秒
第11位;「Puzzle」 恩田陸;推理小説;2005年04月05日(火)20時55分20秒


| | コメント (0) | トラックバック (0)

GWなので、日帰り観光記①

実のところ、地理的にも精神的も『東京人』である私(そして妻)です。
生まれてから今に至るまで、全身全霊が『東京人』である私(そして妻)。
ただ、実のところ、地理的にも精神的にも『東京のはずれの人』である私(そして妻)は、
思い切って、本日5月1日、

東京観光に行ってまいりました。

場所は東京駅。観光はSKYバス東京

観光ルートは三菱ビル前をスタートにして → 皇居(大手門)→ 国立近代美術館 → イギリス大使館 → 国立劇場 → 最高裁判所 → 国会議事堂 → 霞ヶ関(各省庁)→ 銀座 → 東京駅丸の内、そして三菱ビル前到着の全45分。すべてバス車内からの観光。

そして、このバス最大の特徴は、名前の通り・・・

2階建てオープンバス」なわけです。

2階建てで、

オープン

バスなのです。しかもカラーリングは

圧倒的に、真っ赤

なんて魅力的なんでしょう。この観光情報は妻がインターネットから調べたらしい。えらいぞ妻。

ということで、昼過ぎに丸ビル付近に電車で到着した我々は、早速三菱ビルのカウンターで手続きを済まします。都心なんて誰もいないと思っていたら、たくさんの人がいてビックリです。
SKYバス東京は、1時間に1本で、すでに2時間先まで満席とのこと。

仕方ないので15時からの乗車券兼整理券を購入し、丸の内オアゾにある『和食えん』で、昼食をいただきます。ホントは『古奈屋』のカレーうどん狙いでしたが、お客さんが行列を作っていたので、その横に入ったという訳です。
ということで、私は鴨ねぎそばで、妻はあぶりまぐろ丼。そういえばカウンター横並びの我々を含めた男女3組(右から20代・30代(我々)・40代)がすべて、男性が鴨ねぎそば+女性があぶりまぐろ丼でした。
何かの法則でもあるんでしょうか?それはそうと、たいへん美味でした。おすすめです。

そんなこんなで待合時間の14時45分。人が並んでいます。
妻は、もらった整理券が32番33番だったことを知り、『2階じゃなかったらどうしよう?』と心配顔。つられて私も心配顔。急ぎ、パンフレットの写真から目視による座席確認。『ギリギリ大丈夫だな』などと不安なコメントをしているとバスが到着。ドキドキ感をもって乗車してみると、・・・これがまた余裕で2階席。
・・・実はこのバス。乗車整理券分が2階席分のみだったらしく、まったくの取り越し苦労だったということなのです。

GWなので、日帰り観光記②につづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »