« 21日(土)大安の出来事 | トップページ | 新選組!来年1月続編放送 »

2005.05.24

違いのわかる男

その昔、「違いのわかる男」というインスタントコーヒーのキャッチフレーズがありました。

(何故、違いのわかる男が、インスタントコーヒーを飲むのか?)という疑問を、その当時(子供の頃)から思っていましたが、今や、そのインスタントコーヒーじゃなければ、コーヒーじゃないと思えるくらい【ネスカフェゴールドブレンド】ファンの流石奇屋ヒットです。
久しぶりの自己紹介文からのスタートです。

Yahooニュース 社会ニュース - 5月23日(月)3時7分より

苦味感じる遺伝子、人類進化で急速に退化

 苦味を感じる遺伝子は人類進化の道のりで急速に退化したことを、総合研究大学院大学(神奈川県葉山町)の郷康広研究員らが突き止めた。

 苦味への感受性は、毒を体内に取り入れないよう備えられたとされているが、人類は、発達した脳で毒を学習し、実際に食べなくても見分けられるようになったことが急な退化の原因らしい。この成果は米遺伝学会誌の今月号に発表された。

 苦味を感じるセンサーを作り出す遺伝子は人類では25個が働いている。ほかに機能を失った残がいのような遺伝子が11個ある。

 研究チームがチンパンジーやゴリラ、マカクザルなど12種の霊長類の苦味遺伝子を調べたところ、これらが持つ残がいの遺伝子は人類よりも少なかった。さらに、1個の苦味遺伝子が機能しなくなるのにこれらの霊長類では平均して約780万年かかっていたのに対し、人類は約200万年と退化が3・9倍も速かった。

(「毒」は苦いのか?)という疑問と
(「違いのわからないのは人類」だ)と簡単に思ったのでした。

ついでに、あまり子供の頃と疑問のポイントが変わっていないことにビックリしたりして。

しかし記事の内容・・・これも人類の進化なのでしょうか?
「人類進化で急速に退化」って言い得て妙ですね。

|

« 21日(土)大安の出来事 | トップページ | 新選組!来年1月続編放送 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63046/4264592

この記事へのトラックバック一覧です: 違いのわかる男:

« 21日(土)大安の出来事 | トップページ | 新選組!来年1月続編放送 »