« 感動的なサイト発見:1980~83年に流行した電子ゲームの紹介サイト | トップページ | 「宝くじ業界では、疑い深くなければなりません。」と運営部長が語った。 »

2005.05.13

流石奇屋~書評の間の出来事。

月に一度、月刊『後感』にて登場する、自サイトのご紹介です。
このたび、別運営している書評専門ブログの「流石奇屋~書評の間」の読後感想が、50冊に達成いたしました。

パチパチ。

ということで、せっかくなので連動記事です。以下、記事内容をご紹介。
我ながら良く頑張った。よくやった。

2005年05月13日(金)22時17分22秒
自分でお祝い!!お蔭様で「読後感想」が50冊達成しました。
テーマ:ブログ

タイトルの通りでございます。 特段意識してませんでしたが、ブログテーマ一覧を見てて気がつきました。

いやいや、ありがたいことです。これもひとえにご覧いただいている皆様のお陰だと思っております。
この場を借りて、感謝申し上げます。ありがとうございました。
このブログの立ち上げは今年の1月ですが、それまでは「流石奇屋本舗 」に所収してあって、昨年11月13日から始めています。なので、丁度6ヶ月で50冊なんですねぇ。
せっかくなので、年100冊を目指して行きたいと思います。
これからも応援よろしくお願いいたします。

そんなこんなで、記念としてブログテーマの見直しをしちゃいたいと思います。
具体的には読後感想を細分化してみたいと思います。過去の記事をより分りやすくご覧いただけるように工夫してみたいと思いますので、ご期待ください。

でも最近こっち(本舗)より向こう(書評の間)の方が繁盛していたりして、本舗はあっちなんじゃないかって思う、今日この頃。
じゃ向こうを本舗って名前にしたら、こっちはなんて名前に改名すりゃいいんでしょうか。

「流石奇屋~駄文の勝手口」くらいでしょうかね。

|

« 感動的なサイト発見:1980~83年に流行した電子ゲームの紹介サイト | トップページ | 「宝くじ業界では、疑い深くなければなりません。」と運営部長が語った。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63046/4113437

この記事へのトラックバック一覧です: 流石奇屋~書評の間の出来事。:

« 感動的なサイト発見:1980~83年に流行した電子ゲームの紹介サイト | トップページ | 「宝くじ業界では、疑い深くなければなりません。」と運営部長が語った。 »