« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005.11.27

ハンドルネーム【流石奇屋ヒット】の謎

こちらの記事でも地味に宣伝しましたが、1周年特別企画の第1段は「ハンドルネーム【流石奇屋ヒット】の謎」でございます。

実は立ち上げ初めの頃に、記事にしようと思っていたのですけれど、いつのまにか1年経ってしまいました。しかも、プロフィールにも簡単に触れていたりするので、こういった企画になるようなものでもないのですけど、せっかくなのでちゃんと説明してみます。

さて、この『流石奇屋ヒット』というハンドルネームなのですが、本名をヘボン式ローマ字変換したものをアナグラムしたものです。

・・・

分りづらいですね。

一つずつ説明いたします。

まずは、「ヘボン式ローマ字」ですが、これはこちらの綴り表をご覧ください。
特徴は、例えば「ち」は[TI]ではなく[CHI]だったりするあたりでしょうか?
パスポートなどにも使用される極めて一般的に使用されている綴りでございます。

で、お次は「アナグラム」ですけど、それはこちらをご覧ください。
MSN辞書による「アナグラム」の説明

アナグラム [anagram]
言葉を綴(つづ)りかえて、元とは別の意味にすること。また、その遊び。Florence Nightingale を Flit on, cheering angel! とする類。

この例えはイマイチですが、この手法を使った小説がございます。

有名なところでは、村上春樹著の「ダンス・ダンス・ダンス」の登場人物である「牧村拓(まきむらひらく)」は、作者である「村上春樹(むらかみはるき)」のアナグラムです。

まきむらひらく
M〔姓①〕A〔姓④〕K〔姓⑤〕I〔姓⑧〕M〔姓⑦〕U〔姓②〕R〔姓③〕A〔姓⑥〕
H〔名①〕I〔名⑥〕K〔名⑤〕A〔名②〕R〔名③〕U〔名④〕

むらかみはるき
M〔姓①〕U〔姓②〕R〔姓③〕A〔姓④〕K〔姓⑤〕A〔姓⑥〕M〔姓⑦〕I〔姓⑧〕
H〔名①〕A〔名②〕R〔名③〕U〔名④〕K〔名⑤〕I〔名⑥〕


それから綾辻行人著の「館シリーズ」の探偵役「鹿谷門美(ししやかどみ)」は、それまで登場していた「島田潔(しまだきよし)」のアナグラムです。(ストーリ上はペンネームということとなっています)

ししやかどみ
S〔姓①〕H〔姓②〕I〔姓③〕S〔名⑤〕H〔名⑥〕I〔名⑦〕Y〔名③〕A〔姓⑤〕
K〔名①〕A〔姓⑦〕D〔姓⑥〕O〔名④〕M〔姓④〕I〔名②〕

しまだきよし
S〔姓①〕H〔姓②〕I〔姓③〕M〔姓④〕A〔姓⑤〕D〔姓⑥〕A〔姓⑦〕
K〔名①〕I〔名②〕Y〔名③〕O〔名④〕S〔名⑤〕H〔名⑥〕I〔名⑦〕


ということで、
ハンドルネーム『流石奇屋ヒット』は、本名の○○○○を『SASUGAKIYA HIT』に並べ替えた
ということです。

ネットでの匿名性を尊重しつつ、この世界に一人くらい気がついてもよろしいのではという遊び心の賜物とご理解ください。
ちなみに「あっあの人だ」と思ってもコメントは一切受け付けません。私は『流石奇屋ヒット』以外の何者でもありませんので。一人ほくそえんでいただければ良いと思います。

せっかくなので、別ブログに候補として上がったハンドルネームと最終的に『流石奇屋ヒット』という名前を選出した理由を公開いたします。

本舗1周年記念連動企画:ハンドルネームの候補だったもの」(流石奇屋~書評の間

ということで1周年記念第1段の「ハンドルネーム【流石奇屋ヒット】の謎」は以上です。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005.11.15

祝!1周年

aozora

こんな画像にこんな記事で始まった「流石奇屋本舗(当時は「流石奇屋別宅」だった?)」。


11月13日を持ちまして、無事1周年を迎えることができました。

いやいや、ここ最近の放置ぶりもさておいて、よかったよかった。

(これがまた怪しいカウンタなのですけど)ユニークビジター数も1万件を超え、
(これがまただいぶ不安ではありますが)これからも末永く応援いただければと

切に

切に

切に

願いつつ、簡単ですが祝1周年です。


で、

せっかくなので、今思いついた1周年企画を2つほどご紹介します。


1周年企画第1段!!
「ハンドルネーム【流石奇屋ヒット】の謎」

永遠の謎といわれていたわたくし【流石奇屋ヒット】というハンドルネームの謎について、赤裸々に語ってみます。

1周年企画第2段!!
「流石奇屋ヒット、自らの記事を多く語る~印象に残った記事ベスト10」

この1年間にアップした記事の中から印象に残った記事をとりあげ、改めて解説をしてみたいと思います。もしかしたら、ベスト5になるかも知れません。


細々とまるで
「祝ってくれる人がいないけど、たまたま誕生日がクリスマスなもんだから、ケーキだけは買ってくるものの、いやいやクリスマスケーキにロウソクっていうのはどうだろうか?と思う反面、いや待てよ、このケーキはクリスマスを祝うつもりなのか誕生日を祝うものなのか、どっちだっけ?いいか、とにかく食べよ」
ってくらい地味な感じですが、ま、なんとなく頑張ってみます。


ということで、近日堂々公開!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.12

歯医者コンプリート!!

”こちらに記事を更新しなくとも、ちゃんと時は過ぎていくものですわな。”と、記事を更新しないことに罪悪感すら感じず、加えて自然にマクラに使えてしまうほどの流石奇屋ヒットです。
(久しぶりの前口上です。)


こんな記事をアップしたのが4月の中旬。
で、なんだかんだあって、最悪の状況になったのが6月くらい。
腫れたんです、その神経を抜いたはずのところが。

ということで、近所の歯医者を見つけ、通い始めて半年弱。

その痛かった歯は早々に治療し、意外に雰囲気も良かったのでついでに全部治してもらおうと思ってから半年弱。

ほぼ毎週土曜日の夕方に予約を入れて、今週は右の奥歯。来週は左の奥歯と。キュイ~ンキュイ~ンと半年弱。

・・・

・・・

遂に

・・・

遂に

・・・

遂に、歯医者コンプリートでございます。パチパチ。


で、気がついたことが1つ。


「毎週2千円くらいずつ、治療費が取られていたので、何にもしていないのに、お小遣いが減っていた」ということでした。どうして財布の中のお金の減りが早いのかと思っていたのですよ。死活問題なもので。

とにかくコンプリートしたので、よかったということです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.04

月刊「後感」:05年10月号

毎月のことですが、「流石奇屋~書評の間」から月刊『後感』10月号の発刊です。

以下本文


ということで、今月は13冊。ルーキー荻原氏は初1位ゲットなるか?


第1位;「神様からひと言」 荻原浩
;エンターテイメント小説;2005年10月21日(金) 01時21分08秒

第2位;「さつき断景」 重松清
;エンターテイメント小説;2005年10月14日(金) 01時50分53秒

第3位;「世界の終わり、あるいは始まり」 歌野晶午
;推理小説;2005年10月28日(金) 01時43分31秒

第4位;「MORNING GIRL」 鯨統一郎
;推理小説;2005年10月22日(土) 01時30分00秒

第5位;「メリーゴーランド」 荻原浩
;エンターテイメント小説;2005年10月26日(水) 21時27分40秒

第6位;「誘拐ラプソディー」 荻原浩
;エンターテイメント小説;2005年10月04日(火) 22時52分49秒

第7位;「コールドゲーム」 荻原浩
;エンターテイメント小説;2005年10月08日(土) 17時29分45秒

第8位;「上陸」 五條瑛
;エンターテイメント小説;2005年10月07日(金) 01時28分16秒

第9位;「クロノス・ジョウンターの伝説」 梶尾真治
;エンターテイメント小説;2005年10月17日(月) 22時34分30秒

第10位;「空のレンズ」 片山恭一
;エンターテイメント小説;2005年10月15日(土) 08時18分56秒

第11位;「シェルター 終末の殺人」 三津田信三
;推理小説;2005年10月03日(月) 22時26分18秒

第12位;「ツール&ストール」 大倉崇裕
;推理小説;2005年10月29日(土) 08時12分27秒

第13位;「清水義範のほめ言葉大事典」 清水義範
;分析本;2005年10月19日(水) 00時24分09秒

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.02

F1グランプリ:来年の11チーム目は?

今年のフジテレビでやった生中継の日本GPのスタート直前に、近藤真彦氏が「アグリさん(来年は佐藤琢磨を)おねがいしますよ」といった節もあって、実はなんとなく予想していましたが、やっぱりこんな感じでした。


Yahooニュースより

<鈴木亜久里>新F1チーム設立 佐藤琢磨加入へ

元F1ドライバーの鈴木亜久里氏(45)が1日、東京都港区のホンダ本社で会見し、新F1チーム「スーパーアグリフォーミュラ1」の設立を発表した。ホンダ製エンジンを搭載し、来季からのF1世界選手権参戦を目指す。ドライバーには、今季BARホンダに所属した佐藤琢磨(28)の加入が確実視される。
代表の鈴木氏によれば、先週中にF1を主管する国際自動車連盟(FIA)にエントリー申請を行った。今後、FIAで審査され、12月初旬に受理されるか決まる。
活動拠点は英国に置かれ、車両の名称は「アグリ」。スポンサーは「複数の企業と交渉中」だが、IT産業大手のソフトバンクなどが候補に上がっている。鈴木氏は「表彰台に日の丸を揚げられるよう一生懸命頑張る」と語った。
形式上は鈴木氏主宰のチームだが、この日の会見場所や、10月4日にホンダが新規参入チームへのエンジン供給を発表していたことなどから、実質的にホンダのセカンドチームとなりそうだ。
鈴木氏は90年からドライバーとしてF1に本格参戦。同年の日本グランプリで3位に入り、日本人ドライバーとして初めてF1の表彰台に立った。95年限りで引退し、翌年からはチームオーナーとしての活動を開始。現在は米国インディーカーレースや、スーパーGTなどに参戦している。

・・・ただ、この手の話って落とし穴があって、FIA審査落ちとかに、なってしまうんですよね。慎重に見届けましょ。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »