« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005.12.29

仕事納め。

お久しぶりです。

本日、仕事納めでございました。

例年、クリスマスが終わった最終週は、それまでいくら忙しくても、比較的まったり過ごしていたんですけど、今年は、とても忙しかったです。
来年も年初からバタバタする予定なもんで、これまた『物凄い忙しい時期の普通の週末』って感じです。

ということで、皆様良いお年を。(あっさり)

あ、ちなみに来年の抱負は・・・

「拘り」でございます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.12.03

第47回日本レコード大賞のこと

ま、正直興味ないんですけど、ちょっとビックリしたので、ご連絡。
1周年記念企画中ですけど、まぁ良いかという感じです。

ちなみに、この放置ぶりを回避する策として、「1周年記念企画」を1年かけて実施してみようと、さっき真剣に思っていましたが、それはやめます。

さて、こちらの記事

日本レコード大賞、各部門賞決まる

第47回日本レコード大賞の各部門賞が決まった。

 今回から金賞が12から10に減り、新たに大衆賞が設けられた。金賞の中から大賞と最優秀歌唱賞が、新人賞の中から最優秀新人賞が、それぞれ31日に選ばれる。大みそかの授賞式は、昨年に続いて東京・初台の新国立劇場中劇場で行われ、TBS系で中継される。

 主な賞の受賞者と作品は次の通り。

 【金賞】w―inds.「十六夜の月」、大塚愛「プラネタリウム」、倖田來未「Butterfly」、コブクロ「桜」、鈴木亜美「Eventful」、夏川りみ「ココロツタエ」、原田悠里「沙(すな)の川」、氷川きよし「初恋列車」、水森かおり「五能線」、Lead「あたらしい季節へ」

 【大衆賞】川中美幸、リュ・シウォン

 【新人賞】O’s、AAA、中ノ森BAND、HIGH and MIGHTY COLOR

 【ベストアルバム賞】「ケツノポリス4」ケツメイシ

 【作曲賞】弦哲也(「金沢望郷歌」「五能線」)

 【編曲賞】蔦将包(「天草かたぎ」「雪簾」

 【作詩賞】一青窈(「かざぐるま」)

 【吉田正賞】三木たかし

 【特別賞】小林旭、まえけん♂トランス.pj・O―ZONE、「NANA」NANA starring MIKA NAKASHIMA、REIRA starring YUNA ITO

・・・

前述したように、この手の話に興味は、ないんですよ。
しかも、それほど邦楽に敏感な訳でもないので、つっこむこともないんですけど。

・・・

ただですね。

大晦日に大賞と最優秀歌唱賞が選出されるはずの金賞10名(グループ)の面々・・・

知らない人が多いんです。

正直、(その中から一人選べというのであれば)大賞を獲るであろう人が絞られちゃうんです。

「日本レコード大賞」という賞名の意味がわからんのです。

そしてなにより、

「視聴率」

が大変気になるのです。

・・・この賞って意味があるんですかね?

すみません。ホントにびっくりしたので思わず記事にしちゃいました。

ちなみにTBSのホームページには

 今年で47回目を迎える『日本レコード大賞』(2005年12月31日(土)18:00~20:55生放送)の各賞が以下の通り、決定致しました。大晦日の夜、熾烈な審査を勝ち抜いた金賞10作品の中から大賞、最優秀歌唱賞が決定、新人賞4作品の中から最優秀新人賞が決定、そして発表されます。 会場は、昨年に引き続き初台の新国立劇場中劇場より今年を代表するアーティストによる臨場感溢れるパフォーマンス、各地からの中継を交え、1年を彩る各賞を発表し、受賞者が顔を揃えます。 どうぞお楽しみに!


とありました。


あぁぁぁ「熾烈な審査を勝ち抜いた」のですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

月刊「後感」:05年11月号

毎月定例的にアップしているこの記事。「流石奇屋~書評の間」より11月の読後感想ランキングでございます。
早速本文です。

さて、今月は2004年話題の本である「よるぴく」や、今それなりに話題の「戯言最終」があったりして話題性十分なラインアップでございますが、意外にもあの作品が1位となりました。(ま、ランキングしている本人にしてみれば、至極当たり前なのですけどね)

第1位;№125 「対話篇」 金城一紀
;エンターテイメント小説;2005年11月15日(火) 21時28分01秒

第2位;№120 「SPEED」 金城一紀
;エンターテイメント小説;2005年11月03日(木) 01時35分27秒

第3位;№131 「あの日にドライブ」 荻原浩
;エンターテイメント小説;2005年11月28日(月) 20時43分18秒

第4位;№124 「ネコソギラジカル(下)青色サヴァンと戯言遣い」 西尾維新
;エンターテイメント小説;2005年11月13日(日) 21時25分45秒

第5位;№121 「僕たちの戦争」 荻原浩
;エンターテイメント小説;2005年11月08日(火) 01時02分06秒

第6位;№128 「金閣寺」 三島由紀夫
;稀代の名作;2005年11月23日(水) 09時24分56秒

第7位;№119 「夜のピクニック」 恩田陸
;エンターテイメント小説;2005年11月02日(水) 01時35分21秒

第8位;№122 「水の迷宮」 石持浅海
;推理小説;2005年11月10日(木) 23時23分48秒

第9位;№126 「天に還る舟」 島田 荘司, 小島 正樹
;推理小説;2005年11月18日(金) 21時35分35秒

第10位;№129 「熱域-ヒートゾーン-」 森真沙子
;エンターテイメント小説;2005年11月24日(木) 22時07分20秒

第11位;№127 「実験小説ぬ」 浅暮三文
;エンターテイメント小説;2005年11月22日(火) 00時34分12秒

第12位;№123 「ワイルド・キッド」 大頭春(ダアトウチュン)
;エンターテイメント小説;2005年11月11日(金) 21時20分46秒

第13位;№130 「ソウ-SAW-」 行川渉
;エンターテイメント小説;2005年11月26日(土) 00時41分01秒

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »