« 月刊「後感」:06年01月号 | トップページ | 月刊「後感」:06年02月号 »

2006.02.13

2006年のF1:「マクラーレンのカラーリング」

それほど車に興味があるって訳ではないのですが、F1はここ最近のマイブームだったりします。
いろいろと自己分析してみると、好きな理由ってのもあるとは思いますが、はっきりといえるのは、F1マシンの「フォルム」と「カラーリング」だったりします。

HONDA・TOYOTAの日本勢や、前年コンストラクターズチャンピオンのルノーなどは、カラーリングに大きな変化はありませんが、その他のチームは、前年までのチーム体制が大きく見直され、おかげでカラーリングも大きく見直されております。

<<F1RacingNETより抜粋>>

BMW Sauber F1 Team
WILLIAMS F1 TEAM
Midland F1 Racing

どれも、個性があっていいですね。


そして、あのマクラーレンがやってくれました。

Team Mclaren Mercedes

・・・格好良過ぎますね。
反射ってのは意表をついたカラーリングです。

凄い!!

でもこれって、見た目より熱そうだったりしませんかね?

ということで、未だ発表していないところでは「レッドブル」「トロロッソ」そして、噂の「スーパーアグリ(祝、参戦!!)」で、なんだかとっても楽しみだったりしちゃいます。

シーズンが始まってしまえば、「速さ」ばかりが目立つのですが、走る前から、いろいろと期待させてくれるF12006シーズンです。

|

« 月刊「後感」:06年01月号 | トップページ | 月刊「後感」:06年02月号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63046/8645579

この記事へのトラックバック一覧です: 2006年のF1:「マクラーレンのカラーリング」:

« 月刊「後感」:06年01月号 | トップページ | 月刊「後感」:06年02月号 »