« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006.08.24

9⇒12!!⇒8!??

この記事(社会ニュース - 8月24日(木)21時19分)と

<太陽系惑星>冥王星を除外 賛成多数で最終案採択 IAU

 【プラハ会川晴之】チェコのプラハで総会を開いている国際天文学連合(IAU)は最終日の24日、全体会議で惑星の定義案を議決、冥王星を惑星から外す最終案を賛成多数で採択した。これにより、太陽系の惑星数は現在の9個から8個となる。全体会議に出席した数百人の科学者全員が投票し、歴史的問題の決着を図った。
 可決された定義は、太陽系惑星を(1)自らの重力で球状となる(2)太陽を周回する(3)軌道周辺で、圧倒的に支配的な天体――と定義した。水星から海王星までの八つが惑星となる。軌道周辺に同規模の天体があり、3番目の条件を満たさない冥王星は惑星から外れた。
 冥王星を惑星として存続させる主張も根強く、水星から海王星までの八つを「古典的惑星」とする一方、自らの重力で球状となるが、軌道周辺で圧倒的ではない天体を惑星の一種の「矮(わい)惑星」と位置づけることで、冥王星を惑星の地位にとどめる対案も提出されたが、否決された。
 この日の採決では、IAUの会員の研究者らがそれぞれ1票の投票権を持ち、黄色い札を上げて意思を表示した。
 観測技術の進歩で冥王星周辺で新天体の発見が相次ぎ、「惑星とは何か」を巡る議論が盛んになったため、IAUは2年前に惑星の定義づくりを始めた。惑星を専門とする天文学者には最終案支持が多かったが、冥王星の社会的認知度を重視する人々など、他分野の専門家にはさまざまな見解があり、複数の案を提示して決着を図った。
 ▽日本惑星科学会会長の向井正・神戸大教授(惑星科学)の話 冥王星を惑星としない方が科学的だ。冥王星を惑星の一種の矮惑星とする案は冥王星を惑星とする派、しない派の妥協案だったが、混乱を引き起こした。今回の決定が科学者の総意といえるだろう。

この記事(社会ニュース - 8月22日(火)3時7分

「惑星12個」幻に? 国際天文学連合で異論続出

 太陽系の惑星の定義案について審議している天文学者の国際組織「国際天文学連合」(本部・パリ)は21日、定義案の修正に着手した。

 プラハで開催中の同連合部会で、専門家から異論が相次いでいるため。定義案は24日に開く総会で採決にかけられるが、原案の変更が必至の状況となった。

 定義案は、惑星は自己の重力で球形を作り、恒星の周囲の軌道を回る天体――とするもので、この案が採択されると、惑星は、現在の9個から12個に増えることになる。

 部会に参加している国立天文台の研究者などによると、定義案が提出された16日以降、惑星科学の専門家などから、「単純に大きさと形だけで決めるべきだ」「明るさを表す等級(絶対等級)で決めるべきだ」などと批判が集中。「定義は必要ない」といった意見さえも出ている。定義案で示された「冥王(めいおう)星族」という惑星の新分類法にも、大多数が反対しているという。

・・・

要するに「冥王星の周りの惑星を含めた太陽系の惑星は12個だ発言」発表した途端に、猛反発をくらい、じゃ定義を変えてみようと意気込んだら、勢いでその冥王星が除外されたってことなのですね。

なんだか、普段の仕事とかでも、よく聞く話ですね。どんな話かはいえませんが

ま、すごく歴史的なことなので、ちゃんとニュース記事も省かず、記事アップしてみました。

「水・金・地・火・木・土・天・海・冥」が、一時期「水・金・地・火・木・土・天・冥・海」になることも、当時驚きでしたが、「水・金・地・火・木・土・天・海」になるとは思っても見ませんでした。

でも意外に抵抗ないですね。「・・・どってんかい!!」って突っ込みみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006.08.06

月刊「後感」:06年07月号

毎月定例的にアップしているこの記事。
流石奇屋~書評の間」より7月の読後感想ランキングでございます。
早速本文です。

◆2006年7月のランキング

今月は、前半やや落ち気味だった読了ペースでしたが、お休みをいただき、後半のハイペースもあって、3ヶ月連続の15冊。
ここまでくると永遠に毎月15冊くらい読んじゃうんじゃないかって気にもなります。
ま、そうそう簡単には行きませんがね。

で、今月の1位は、町田氏の「告白」でございました。
嗚呼、熊太郎って感じです。

第1位;「告白」 町田康
;エンターテイメント小説;2006年07月12日(水) 14時52分58秒

第2位;「葉桜の季節に君を想うということ」 歌野晶午
;エンターテイメント小説;2006年07月26日(水) 22時07分14秒

第3位;「女王様と私」 歌野晶午
;エンターテイメント小説;2006年07月20日(木) 22時07分08秒

第4位;「コスプレ幽霊 紅蓮女(ぐれんオンナ)」 上甲 宣之
;エンターテイメント小説;2006年07月15日(土) 21時32分07秒

第5位;「となり町戦争」 三崎亜記
;エンターテイメント小説;2006年07月24日(月) 22時14分40秒

第6位;「生首に聞いてみろ」 法月綸太郎
;推理小説;2006年07月29日(土) 13時46分59秒

第7位;「Fine days―恋愛小説」 本多孝好
;エンターテイメント小説;2006年07月14日(金) 09時56分01秒

第8位;「ルート350」 古川 日出男
;エンターテイメント小説;2006年07月18日(火) 07時18分16秒

第9位;「レタス・フライ」 森博嗣
;エンターテイメント小説;2006年07月19日(水) 09時12分36秒

第10位;「不安な童話」 恩田陸
;推理小説;2006年07月11日(火) 14時10分28秒

第11位;「アルファベット・パズラーズ」 大山誠一郎
;推理小説;2006年07月17日(月) 08時27分35秒

第12位;「The TEAM」 井上夢人
;エンターテイメント小説;2006年07月27日(木) 22時46分11秒

第13位;「ステップファザー・ステップ」 宮部みゆき
;推理小説;2006年07月09日(日) 18時05分27秒

第14位;「東京DOOL」 石田衣良
;エンターテイメント小説;2006年07月22日(土) 00時20分59秒

第15位;「殺人ピエロの孤島同窓会」 水田美意子
;エンターテイメント小説;2006年07月21日(金) 22時50分36秒

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »