2006.08.24

9⇒12!!⇒8!??

この記事(社会ニュース - 8月24日(木)21時19分)と

<太陽系惑星>冥王星を除外 賛成多数で最終案採択 IAU

 【プラハ会川晴之】チェコのプラハで総会を開いている国際天文学連合(IAU)は最終日の24日、全体会議で惑星の定義案を議決、冥王星を惑星から外す最終案を賛成多数で採択した。これにより、太陽系の惑星数は現在の9個から8個となる。全体会議に出席した数百人の科学者全員が投票し、歴史的問題の決着を図った。
 可決された定義は、太陽系惑星を(1)自らの重力で球状となる(2)太陽を周回する(3)軌道周辺で、圧倒的に支配的な天体――と定義した。水星から海王星までの八つが惑星となる。軌道周辺に同規模の天体があり、3番目の条件を満たさない冥王星は惑星から外れた。
 冥王星を惑星として存続させる主張も根強く、水星から海王星までの八つを「古典的惑星」とする一方、自らの重力で球状となるが、軌道周辺で圧倒的ではない天体を惑星の一種の「矮(わい)惑星」と位置づけることで、冥王星を惑星の地位にとどめる対案も提出されたが、否決された。
 この日の採決では、IAUの会員の研究者らがそれぞれ1票の投票権を持ち、黄色い札を上げて意思を表示した。
 観測技術の進歩で冥王星周辺で新天体の発見が相次ぎ、「惑星とは何か」を巡る議論が盛んになったため、IAUは2年前に惑星の定義づくりを始めた。惑星を専門とする天文学者には最終案支持が多かったが、冥王星の社会的認知度を重視する人々など、他分野の専門家にはさまざまな見解があり、複数の案を提示して決着を図った。
 ▽日本惑星科学会会長の向井正・神戸大教授(惑星科学)の話 冥王星を惑星としない方が科学的だ。冥王星を惑星の一種の矮惑星とする案は冥王星を惑星とする派、しない派の妥協案だったが、混乱を引き起こした。今回の決定が科学者の総意といえるだろう。

この記事(社会ニュース - 8月22日(火)3時7分

「惑星12個」幻に? 国際天文学連合で異論続出

 太陽系の惑星の定義案について審議している天文学者の国際組織「国際天文学連合」(本部・パリ)は21日、定義案の修正に着手した。

 プラハで開催中の同連合部会で、専門家から異論が相次いでいるため。定義案は24日に開く総会で採決にかけられるが、原案の変更が必至の状況となった。

 定義案は、惑星は自己の重力で球形を作り、恒星の周囲の軌道を回る天体――とするもので、この案が採択されると、惑星は、現在の9個から12個に増えることになる。

 部会に参加している国立天文台の研究者などによると、定義案が提出された16日以降、惑星科学の専門家などから、「単純に大きさと形だけで決めるべきだ」「明るさを表す等級(絶対等級)で決めるべきだ」などと批判が集中。「定義は必要ない」といった意見さえも出ている。定義案で示された「冥王(めいおう)星族」という惑星の新分類法にも、大多数が反対しているという。

・・・

要するに「冥王星の周りの惑星を含めた太陽系の惑星は12個だ発言」発表した途端に、猛反発をくらい、じゃ定義を変えてみようと意気込んだら、勢いでその冥王星が除外されたってことなのですね。

なんだか、普段の仕事とかでも、よく聞く話ですね。どんな話かはいえませんが

ま、すごく歴史的なことなので、ちゃんとニュース記事も省かず、記事アップしてみました。

「水・金・地・火・木・土・天・海・冥」が、一時期「水・金・地・火・木・土・天・冥・海」になることも、当時驚きでしたが、「水・金・地・火・木・土・天・海」になるとは思っても見ませんでした。

でも意外に抵抗ないですね。「・・・どってんかい!!」って突っ込みみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006.02.13

2006年のF1:「マクラーレンのカラーリング」

それほど車に興味があるって訳ではないのですが、F1はここ最近のマイブームだったりします。
いろいろと自己分析してみると、好きな理由ってのもあるとは思いますが、はっきりといえるのは、F1マシンの「フォルム」と「カラーリング」だったりします。

HONDA・TOYOTAの日本勢や、前年コンストラクターズチャンピオンのルノーなどは、カラーリングに大きな変化はありませんが、その他のチームは、前年までのチーム体制が大きく見直され、おかげでカラーリングも大きく見直されております。

<<F1RacingNETより抜粋>>

BMW Sauber F1 Team
WILLIAMS F1 TEAM
Midland F1 Racing

どれも、個性があっていいですね。


そして、あのマクラーレンがやってくれました。

Team Mclaren Mercedes

・・・格好良過ぎますね。
反射ってのは意表をついたカラーリングです。

凄い!!

でもこれって、見た目より熱そうだったりしませんかね?

ということで、未だ発表していないところでは「レッドブル」「トロロッソ」そして、噂の「スーパーアグリ(祝、参戦!!)」で、なんだかとっても楽しみだったりしちゃいます。

シーズンが始まってしまえば、「速さ」ばかりが目立つのですが、走る前から、いろいろと期待させてくれるF12006シーズンです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.03

第47回日本レコード大賞のこと

ま、正直興味ないんですけど、ちょっとビックリしたので、ご連絡。
1周年記念企画中ですけど、まぁ良いかという感じです。

ちなみに、この放置ぶりを回避する策として、「1周年記念企画」を1年かけて実施してみようと、さっき真剣に思っていましたが、それはやめます。

さて、こちらの記事

日本レコード大賞、各部門賞決まる

第47回日本レコード大賞の各部門賞が決まった。

 今回から金賞が12から10に減り、新たに大衆賞が設けられた。金賞の中から大賞と最優秀歌唱賞が、新人賞の中から最優秀新人賞が、それぞれ31日に選ばれる。大みそかの授賞式は、昨年に続いて東京・初台の新国立劇場中劇場で行われ、TBS系で中継される。

 主な賞の受賞者と作品は次の通り。

 【金賞】w―inds.「十六夜の月」、大塚愛「プラネタリウム」、倖田來未「Butterfly」、コブクロ「桜」、鈴木亜美「Eventful」、夏川りみ「ココロツタエ」、原田悠里「沙(すな)の川」、氷川きよし「初恋列車」、水森かおり「五能線」、Lead「あたらしい季節へ」

 【大衆賞】川中美幸、リュ・シウォン

 【新人賞】O’s、AAA、中ノ森BAND、HIGH and MIGHTY COLOR

 【ベストアルバム賞】「ケツノポリス4」ケツメイシ

 【作曲賞】弦哲也(「金沢望郷歌」「五能線」)

 【編曲賞】蔦将包(「天草かたぎ」「雪簾」

 【作詩賞】一青窈(「かざぐるま」)

 【吉田正賞】三木たかし

 【特別賞】小林旭、まえけん♂トランス.pj・O―ZONE、「NANA」NANA starring MIKA NAKASHIMA、REIRA starring YUNA ITO

・・・

前述したように、この手の話に興味は、ないんですよ。
しかも、それほど邦楽に敏感な訳でもないので、つっこむこともないんですけど。

・・・

ただですね。

大晦日に大賞と最優秀歌唱賞が選出されるはずの金賞10名(グループ)の面々・・・

知らない人が多いんです。

正直、(その中から一人選べというのであれば)大賞を獲るであろう人が絞られちゃうんです。

「日本レコード大賞」という賞名の意味がわからんのです。

そしてなにより、

「視聴率」

が大変気になるのです。

・・・この賞って意味があるんですかね?

すみません。ホントにびっくりしたので思わず記事にしちゃいました。

ちなみにTBSのホームページには

 今年で47回目を迎える『日本レコード大賞』(2005年12月31日(土)18:00~20:55生放送)の各賞が以下の通り、決定致しました。大晦日の夜、熾烈な審査を勝ち抜いた金賞10作品の中から大賞、最優秀歌唱賞が決定、新人賞4作品の中から最優秀新人賞が決定、そして発表されます。 会場は、昨年に引き続き初台の新国立劇場中劇場より今年を代表するアーティストによる臨場感溢れるパフォーマンス、各地からの中継を交え、1年を彩る各賞を発表し、受賞者が顔を揃えます。 どうぞお楽しみに!


とありました。


あぁぁぁ「熾烈な審査を勝ち抜いた」のですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.11.02

F1グランプリ:来年の11チーム目は?

今年のフジテレビでやった生中継の日本GPのスタート直前に、近藤真彦氏が「アグリさん(来年は佐藤琢磨を)おねがいしますよ」といった節もあって、実はなんとなく予想していましたが、やっぱりこんな感じでした。


Yahooニュースより

<鈴木亜久里>新F1チーム設立 佐藤琢磨加入へ

元F1ドライバーの鈴木亜久里氏(45)が1日、東京都港区のホンダ本社で会見し、新F1チーム「スーパーアグリフォーミュラ1」の設立を発表した。ホンダ製エンジンを搭載し、来季からのF1世界選手権参戦を目指す。ドライバーには、今季BARホンダに所属した佐藤琢磨(28)の加入が確実視される。
代表の鈴木氏によれば、先週中にF1を主管する国際自動車連盟(FIA)にエントリー申請を行った。今後、FIAで審査され、12月初旬に受理されるか決まる。
活動拠点は英国に置かれ、車両の名称は「アグリ」。スポンサーは「複数の企業と交渉中」だが、IT産業大手のソフトバンクなどが候補に上がっている。鈴木氏は「表彰台に日の丸を揚げられるよう一生懸命頑張る」と語った。
形式上は鈴木氏主宰のチームだが、この日の会見場所や、10月4日にホンダが新規参入チームへのエンジン供給を発表していたことなどから、実質的にホンダのセカンドチームとなりそうだ。
鈴木氏は90年からドライバーとしてF1に本格参戦。同年の日本グランプリで3位に入り、日本人ドライバーとして初めてF1の表彰台に立った。95年限りで引退し、翌年からはチームオーナーとしての活動を開始。現在は米国インディーカーレースや、スーパーGTなどに参戦している。

・・・ただ、この手の話って落とし穴があって、FIA審査落ちとかに、なってしまうんですよね。慎重に見届けましょ。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2005.09.20

A1グランプリ開幕する!!

今年に入ってそれなりに興味が復活(とはいえTV観戦なのですが)してきたF1グランプリ。

で、そんなこんなでこんなことになっていたのですね。知りませんでした。すんません世間に疎くて。
A1-GRANDPRIX OffcialHP

ワンメイクのシャーシ&エンジンで戦う国別のフォーミュラーレースのようです。
開幕は9月25日(日)。

で、「モータースポーツのワールドカップ」ということもあって、各国のマシンのカラーリングに興味が沸いております。

オランダチームのHP(サッカーと同様にオレンジ一色!)
アメリカチームのHP(星条旗カラー)
ニュージーランドのHP(ALLBLACKS!!!

その他、各チームのHP(現在全7ヶ国)が同じレイアウトで閲覧できます。ふむふむこれはますます興味深い。

とにもかくにも、日本も参戦するようで、興味津々。
佐藤琢磨も来年参戦の噂もあったりして、地上波TVで放送したら間違いなく見ちゃいそうな感じです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.09.11

来年のことを言えば鬼も笑うのですが

衆議院選挙速報がどこのチャンネルでも流されるなか、まったく関係なくタイトルの通りです。

Yahooニュースより

2006年は、いつもより1秒長い1日で始まることに決定。ホントの話ですってば!

日本の標準時の維持・通報を実施している情報通信研究機構(以下、NICT)は、2006年(平成18年)元日に、7年ぶりの「うるう秒」調整が行われることを広く通知した。これにより、同日は平常より1日の長さが1秒だけ長いこととなる。

~中略

今回のうるう秒は、日本においては、午前8時59分59秒と9時00分00秒の間に「8時59分60秒」が挿入される。調整の際にはNICTが日本標準時に1秒挿入するとともに、電波時計の時刻修正などに使われる標準電波や、放送局等に時刻を知らせているテレフォンJJY、またネットワーク向けのNTP(Network Time Protocol)サービス、タイムビジネスに向けた時刻情報提供サービス等の各種日本の標準時サービスにおいても、正しく調整された時刻を届けるとしている。

なお、うるう秒調整が行われるのは1972年に協定世界時が全世界一斉に適用されて以来、23回目。前回は1999年(平成11年)1月1日(日本時間)だった。

大晦日は大抵夜更かしして、そのおかげで正月は大抵昼前に起きるといった「学生」のような生活を未だにしている30代中盤男ですが、
来年の正月は8時55分くらいには起床してみようと。
そして、9時の時報を177で聞いてみようと。

「ぷっ・ぷっ・ぷっ・ぽーん」

「ぷっ・ぷっ・ぷっ・ぷっ・ぽーん」

になったりしたら、そりゃ「一年の計は元旦にあり」ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.06.20

F1アメリカGPは・・・面白かった

さて、昨年からのB.A.R佐藤琢磨の好調。今年のTOYOTAの台頭で、個人的にF1熱が再燃しております。
熱狂的になった90年~94年(ちょうど大学時代)なみに

テレビ観戦

が、かかせなくなってしまった流石奇屋ヒットです。
久しぶりの更新です。
元気でやっております。
皆さんはお元気でしょうか?

・・・

長い前置きはさておいて、ビックリするようなF1第9戦アメリカGPでした。
Yahooニュースより。

F1=レース棄権したミシュラン勢がファンに謝罪
2005年6月20日(月) 15時18分 ロイター
[インディアナポリス(米インディアナ州) 19日 ロイター] 自動車レース、F1世界選手権の今季第9戦米国GP決勝は、タイヤの安全性の問題でレースを棄権したミシュランタイヤを使用する7チームがファンに謝罪する合同声明を発表した。
ルノー、マクラーレン、ウィリアムズ、トヨタ、レッドブル、ザウバー、BARホンダのミシュラン勢は合同声明で、「今日のレースを棄権したことに関し、全ての観客、テレビ視聴者、F1ファン、そしてスポンサーの方々に謝罪する」と発表。棄権の理由にドライバーの安全を最優先させたと釈明した。
フリー走行中にパンク事故が起きることから、ミシュラン社は19日の朝に供給先のチームにドライバーの安全を保証できないと通達。安全性の面からF1全10チーム中9チームが、シケインの増設を国際自動車連盟(FIA)に提案したが、レギュレーションを順守するFIAがこれを却下。これにより、ミシュランタイヤを使用する全チームがレースをボイコットする前代未聞の大会となった。
[ 6月20日 15時18分 更新 ]

21時に仮眠をとりはじめ、コンフェデレーションカップ中は就寝。やおら2時50分に起き、テレビを見始めると、なにやら揉めているとのこと。衛星生中継ということなので、本当に時間通り始まるかやや不安に思いつつ、テレビを見続けると、ちゃんと始まるフォーメーションラップ。

(な~んだやるんじゃん)と思ったのも束の間。

グリッドにつかず、じゃんじゃんピットに納まるミシュラン勢、総勢14台。
残った6台のブリヂストン勢。

(な~んだやらないんじゃん)と思ったのも束の間。

・・・スタートしちゃいました。

・・・な、なんなんだこの6台のレースは。

走行可能な台数が12台以内であればレースとしてポイントが発生しないという事実には、
フォーメーションラップスタート時に20台揃っているということで、却下。
要するに正式なグランプリなわけです。

6台ですよ。6台。ファミコンのF1レース(名前は忘れました)を思い出しました。

で、このレース。
いろんな人がいろんなことを思っているんでしょうが、私個人の感想は、期待はずれだった反面、「面白かった」のも事実。

だってジョーダンとミナルディーが2時間、テレビに映りっぱなし&解説されっぱなしだったのですよ。
6台しか走っていないのに、フェラーリの2台はガチで競っているんですよ。
3位がルーキーのモンテイロでシャンパンファイトを自粛したワンツーにかまわず、表彰台で大喜びで、ひとりシャンパンファイトですよ。
大変、不謹慎ですが、観客の暴動らしき振る舞いも、(そりゃそうだ。)と思ってみたりして、非常に内容の濃い6台だけのアメリカGPでした。

意外に貴重な経験をさせてもらいましたわ。
ま、1戦だけでいいですけどね。FIAさん。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.05.24

違いのわかる男

その昔、「違いのわかる男」というインスタントコーヒーのキャッチフレーズがありました。

(何故、違いのわかる男が、インスタントコーヒーを飲むのか?)という疑問を、その当時(子供の頃)から思っていましたが、今や、そのインスタントコーヒーじゃなければ、コーヒーじゃないと思えるくらい【ネスカフェゴールドブレンド】ファンの流石奇屋ヒットです。
久しぶりの自己紹介文からのスタートです。

Yahooニュース 社会ニュース - 5月23日(月)3時7分より

苦味感じる遺伝子、人類進化で急速に退化

 苦味を感じる遺伝子は人類進化の道のりで急速に退化したことを、総合研究大学院大学(神奈川県葉山町)の郷康広研究員らが突き止めた。

 苦味への感受性は、毒を体内に取り入れないよう備えられたとされているが、人類は、発達した脳で毒を学習し、実際に食べなくても見分けられるようになったことが急な退化の原因らしい。この成果は米遺伝学会誌の今月号に発表された。

 苦味を感じるセンサーを作り出す遺伝子は人類では25個が働いている。ほかに機能を失った残がいのような遺伝子が11個ある。

 研究チームがチンパンジーやゴリラ、マカクザルなど12種の霊長類の苦味遺伝子を調べたところ、これらが持つ残がいの遺伝子は人類よりも少なかった。さらに、1個の苦味遺伝子が機能しなくなるのにこれらの霊長類では平均して約780万年かかっていたのに対し、人類は約200万年と退化が3・9倍も速かった。

(「毒」は苦いのか?)という疑問と
(「違いのわからないのは人類」だ)と簡単に思ったのでした。

ついでに、あまり子供の頃と疑問のポイントが変わっていないことにビックリしたりして。

しかし記事の内容・・・これも人類の進化なのでしょうか?
「人類進化で急速に退化」って言い得て妙ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.13

「宝くじ業界では、疑い深くなければなりません。」と運営部長が語った。

exciteニュース「世界ビックリニュース」より

[ニューヨーク 11日 ロイター]
中華料理のクッキーに入っていたおみくじの数字は正しかった!

宝くじの「パワーボール・ロッタリー」で、110人がクッキーのおみくじに記されていた数字に賭けたところ、6つの数字のうち5つが正解の2等に当り、賞金10万ドル(約1060万円)から50万ドル(5300万円)を獲得した。パワーボールの運営部長のチャールズ・ストラット氏が10日、明らかにした。

統計的な確率法則によれば、全米27州、ワシントンDC、バージン諸島によって運営されている宝くじの当籤者は、1040万人の購入者のうち4、5人になるはずなのだ。

しかし3月30日の宝くじでは、その20倍もの当籤者が出てしまい、1900万ドル(約20億円)もの払い戻しをしなければならなくなった。

ストラット部長はロイターに「何かが間違っていたのです。この結果は確率の常識を超えています。だから、システム上に重大なエラーがあったのか、もしくはなんらかの不正行為を疑っているのです。宝くじ業界では、疑い深くなければなりません。統計的な異常があれば、精査します」と語った。

エープリル・フールの4月1日に当籤者が賞金を取りに来始めた時、宝くじを運営する「マルチ=ステート宝くじ協会」関係者は、当籤者を徹底的に質問攻めにしたという。
後略

ストラット部長のコメントや「マルチ=ステート宝くじ協会」関係者の行動(共に太字)が、どこまで真剣に語ったり、行動したかは知りえませんが、このまま読んでしまうと、世知辛い世の中なのだなぁ~などと思うのは私だけでしょうか?
確かに宝くじ業界的には大きな損失なのですが、夢を売ることが商売のこの業界で、このようなファンタジーすら許容できないってのもいかがなもんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.16

衛星写真がとらえた「思いがけないシーン」

HOTWIREDJAPANより興味深い記事を見つけました。

衛星写真がとらえた「思いがけないシーン」(上)
衛星写真がとらえた「思いがけないシーン」(下)

この記事を要約するとGoogleが提供している、高解像度の衛星写真付の地図「GoogleMaps」を見ていて、「思いがけないシーン」に出くわしたというもの。

そのシーンというのが、ホントに圧巻。

詳しくは記事に飛んで行ってもらえばよいのですが、例えば

噴火したばかりの火山
東京に着陸しようとしている米ボーイング社の『747』型機
スマトラ沖地震直後の渦巻くインド洋

どうでしょ?

バーチャルな世界においては、地上や海をこのような視点で見ることはあるし、実際に衛星写真なんてのも、何処かしこで提供されたりしておりますが、こういったシチュエーションの画像を目にすると、圧巻以外の何者でもないですね
飛んでる飛行機の上部が写っている画像(視点)って、冷静に考えるとすごいことです

| | コメント (0) | トラックバック (0)