2005.02.11

プリンスが収入1位!?

ちょっとびっくりです。

Yahooニュースより

2005年2月11日(金)
音楽アーティスト収入No.1はやはりこの人!(BARKS)
今年も確定申告の時期がやってきたが、日本のトップ・シンガーもさることながら、世界のビッグ・アーティストの年収は桁違いだ。先日、Rolling Stone誌が発表した'04年音楽アーティスト収入ランキングで、プリンスが1位を獲得した。

リストでは上位50位までが発表されている。CNNなどによれば、プリンスは米国でのツアー収益が順調だったほか、CDの製造コストを抑えることに成功し、それぞれの活動で高い利益を上げたという。昨年リリースした『MUSICOLOGY』はプラチナを獲得している。同誌は長年シーンから遠ざかっていた彼が“センター・ステージに戻ってきた”と伝えた。

~中略

音楽アーティスト収入ランキング トップ10 (Rolling Stone):

1 プリンス 5650万ドル(約59億円)
2 マドンナ 5490万ドル(約57億円)
3 メタリカ 4300万ドル(約45億円)

~後略

T.KIMURA

・・・いやいやびっくりしました。
この時期に、この手の記事で「プリンス」の名前がでるとは、夢にも思っていませんでした。
稼いどりますな~殿下!!。
と同時に、自他共に認める数多くの殿下ファンの皆様、勢いで記事を書いてしまっている自分を、どうか許してください。

しかも、収入を上げる(米国でのツアー収益)だけならまだしも、費用を落とす(CDの製造コストを抑えることに成功)なんて、実に人間味ある稼ぎを実践しております。

実のところ、物凄く好きだったのです。(過去形なのは、純粋に音楽を聴くという行為自体の時間がなくなってしまったからです)

『Around The World In A Day』(85年)なんか、LPからテープ(今なら「CD」から「MD」)に落として、それこそテープから煙が出るくらい聞いていました。(実際に良く壊れた)
当時のラジカセ(今なら「MDプレイヤー」)は、片面が終わると勝手に電源が切れるタイプ(タイマーではない)だったので、寝ながら聞いていました。(翌日はB面)
クロスオーバーイレブン(NHK-FM)で、『アメリカ』のロングバージョン(たぶん20分くらい!!)をエアチェックし、3分後からず~っとリフレインなのに、えらく感動したり、してました。(46分テープの片面が『アメリカ』一曲)
次の作品の『Parade』が、まったくもって路線の違う、いい意味で裏切られた作品で、「こう来たか~」と、唸ってみたり、楽曲提供したマニックマンデー(バングルス)が売れると、「ようやく世間もまともに認知しだしたか~」と、優越感にひったったりしていました。

(でも、あれは「1999」だよな)

それから、時を越えて、K1のオープニングでプリンスの・・・云々。

・・・まずい、また極めて個人的に勝手に盛り上がってしまいました。

あの時期、中学時分に、「俺、プリンス好きなんだよね~」と公言できたのは、よっぽど周辺の理解があった環境か、自ら情報発信することが許される特待的な人格の持ち主(特待的な人格の人は、大抵、別の趣味があるのですが)だと思いますが、両方とも合致されないのであれば、当時の私は「隠れ殿下ファン」だったということですかね。

プリンスほど、評価がはっきり分かれる・好き嫌いがはっきりしている(例えば、街頭アンケートで「好き」「嫌い」「どちらでもない」の3択のみしか選べない場合、きっと「どちらでもない」は1割くらいという意味)アーチストも珍しい。嫌いな方が、思い切り「嫌い」ってはっきりいえる稀有なアーチストですよね。

ま、とにかくびっくりしたのです。

プリンスが、収入1位ということと、

記事を書き始めて、どんどん盛り上がってしまい、

取り留めのない文章

となってしまっている事実に・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.08

すごいびっくりしたこと(極個人的)

RSF本の紹介とか、新年の挨拶とか、ネタがないなりに頑張っていましたが、びっくりするようなことを記事にしたいものだよな~と思っていた今日この頃。

例えば、ニュースネタで、「エクスパック500が郵便ポストに入らない」とか選んだりして、「おいおい、そりゃないぜ!!」的記事を作ろうと思ったところで、「ところで、エクスパック500って何?」ってとこから、淡々と調べてしまったりします。

・・・そう、「興味のないことは、興味ない」んです。

(頑張ってくださいね!!日本郵政公社さん。)

で、ちょっと気まぐれに、学生時代とかに盛んに聞いていた音楽ネタを探そうと思って、いろいろなミュージシャンの名前でガツガツ検索していると、

極めて個人的に

物凄い情報を入手してしまいました。

StandUpそれは、「ワールドカップバレーボール2003から使われている応援歌「Stand Up」の原曲は、RIGHT SAID FREDのものだった」というものです。

・・・


極めて

極めて

極めて個人的に

びっくりしたんです。このネタ

CDジャーナルホームページさんより「びっくりした記事」

妻がバレーボールが好きで、昨年のアテネオリンピック最終予選を一緒に見に行ったりした(ちなみに女子チームが、オリンピック出場を決めた韓国戦)のですが、タイムの時とかに馬鹿でかいボリュームで鳴り響いていたのが「Stand Up」。
とにかく、耳に残るわけです。

で、一方、92年「UP」(邦題:アイムトゥーセクシー)を発表したRIGHT SAID FRED。

<曲目> 1.A LOVE FOR ALL SEASONS 2.NO-ONE ON EARTH 3.I'M TOO SEXY 4.DO YA FEEL 5.IS IT TRUE ABOUT LOVE 6.DEEPLY DIPPY 7.SWAN 8.DON'T TALK JUST KISS 9.UPON MY HEAET 10.THOSE SIMPLE THINGS

いわゆる一発屋の部類に入るミュージシャンで、しばらくすると、異様に中古CD屋さんの500円均一エリアに流通し始めましたが、そんな時期も、結構、聞きまくりました。
当時、ヒットしたのは、3.I'M TOO SEXYだったわけですが、個人的には、1.A LOVE FOR ALL SEASONSとか8.DON'T TALK JUST KISSなどがお勧めです。

低音ボイス。
簡単なコード展開。

で、そのRIGHT SAID FREDが、まだ活動しているってことにびっくりして、さらにあの耳に残る「Stand Up」だったなんて・・・ 

早速、この3連休で、しばらくお邪魔していない、輸入版屋さんにでも行ってみようと思います。

結構、勝手に、興奮しているんですが、本当に、このネタって「極個人的」ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)