2006.07.03

目覚めたのか?本舗【『モブログ道央』前夜祭】

いつの間にか気がつけば明後日となってしまいました「モブログ道央」。
大急ぎで記事をアップしたりします。

その①「モブログシリーズ」の説明
当ブログの名物シリーズなのです(一応)。
携帯メールからリアルタイムでこちらに文章や画像を配信するってだけの
「視聴者参加型」素人企画です。

現在までに「九州」「京都」「福島」と続き、今回、満を持して「モブログ道央」ってなわけです。(詳しくは、右バーの「自画自賛」を参照)
ちなみに、同行する妻は、(まだ)このブログの存在すら知らず、携帯に苦戦する私に怪訝な目線を送ってくるので、これまたスペクタクルな旅模様をお届けできるという趣向です。
また、ブログ記事中にリアルタイムで、コメント返しをするといったこともしております。
ということで、「コメント大歓迎」⇒「すぐに返信」⇒「視聴者参加型」というわけです。
例えば、こんな感じ

その②「モブログ道央」旅のしおり
仕事はきちんと火曜日までするので、未だ旅へ行くという感覚がまったくないのですが、とりあえず行程をご紹介します。
ちなみに★は、後で紹介する方々の参考によって行こうと思った場所です。
必須テーマは「旭川ラーメン」「旭山動物公園」「富良野ラベンダー」「温泉」「温度差(?)」と様々です。

2006/7/5(水)
 11:00 自宅出発
 14:00 羽田空港着
 14:40 羽田空港発
 16:15 旭川空港着
 17:00 あさひかわラーメン村着(夕食)
 19:00 旭川パレスホテル着
2006/7/6(木)
 10:00 チェックアウト
 10:30 旭山動物園着
 13:00 旭山動物園出発
 14:00 美瑛観光
 16:00 白金パークヒルズ(1泊目)着
2006/7/7(金)
 10:00 出発
 11:00 美瑛・富良野観光
 12:00 昼食ふらのワインハウスでチーズフォンデュ
 14:00 旭岳・天人峡観光★
 17:00 白金パークヒルズ(2泊目)着
2006/7/8(土)
 10:00 チェックアウト
 14:30 とかち帯広空港着
 15:50 とかち帯広空港発
 17:30 羽田空港着
 20:00 自宅到着

その③最近、道央方面に旅行された皆様をご紹介
やっぱりいいですよね。この季節の北海道。
皆様には、是非是非この「視聴者参加型企画」にご参加(具体的には、旅中にコメントをいただければうれしいのです)いただければと思います。

たけの部屋 from 北海道さん
綺麗な写真がたくさんあります。特に気に入ったのは「旭山動物園シリーズ」。すぐにでも行きたくなってきました。

マルコの気ままな日記さん
富良野・美瑛旅行記をアップされています。やっぱり唯我独尊のカレーがおいしそうです。昼食・・・悩んじゃいますね~

Futureさん
彩さんが、北海道旅行2日目までをアップされています。驚きました1日目の”雪の旭岳”。おもわず旅の行程に追加しちゃいます。⇒ということで、3日目に「★旭岳観光」を追加しました。

せいママDiaryさん
2泊3日の北海道旅行へ行かれたようです。早朝の富良野・美瑛ってのが、良さそうですね。

その④過去の「モブログシリーズ」に参加いただいたブロガーの皆様のご紹介
そして過去の「モブログシリーズ」の参加していただいた皆様にもご挨拶しておきます。
皆様こんな拙いブログをブックマークしていただき、大変恐縮でございます。お時間があれば是非コメントくださいね。

さすらいのへたれプログラマさん(『モブログ京都』でお世話になりました。)

クマ公のひとりあそびさん(『モブログ福島』でお世話になりました。)

そして、モブログシリーズの影の立役者
お得日記のatoさん(『モブログ九州』から全シリーズ参加いただいております。)


ということで、『モブログ道央』。しめやかに開催でございます。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2006.06.25

目覚める本舗!!

4月・5月・6月とほぼ仮死状態でありました当ブログ。
貴重なリソースを無駄にしており、関係各位には大変申し訳御座いませんでした。

・・・(しばし反省のための小休止)

ということで、息を吹き返す企画がようやくこの本舗にもやってまいりました。
そう、あの「モブログシリーズ」の堂々復活でございます。

もったいぶらずに宣伝すると

決行日は

2006年7月5日~同月8日。

場所は

北海道の旭川・美瑛・富良野。

そう、名付けて

「モブログ道央」

でございます!!!!


ということで、TB募集やら、行程事前紹介やらは、近々に記事アップいたします!!

*ちなみに、「モブログシリーズ」って何?って方は、モブログシリーズ(副題:A型の私)へどうぞ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.01.09

『経験ブログ』

またもや、流石奇屋~書評の間からの記事流出です。
ま、内容そのものは本舗寄りだったりしますのでね。

いやはや、盛り上がっておりますよ「流石奇屋~書評の間」。ほぼ毎日更新。それに比べて、この本舗の状況ときたら。

まったく、旅にでも行かないと、ホントに更新しませんな、このブログ・・・

・・・

・・・(しばらく自虐)

・・・

ということで、『経験バトン』です。


以前、つながい★かすみ さんからBook Baton をいただいたきり、

見事に『落としてしまった(号泣)


という経歴を持つ”前科犯”流石奇屋ヒットです。

・・・

・・・

そんな私にまた、つながい★かすみ さんからバトンが届きました。大変、ありがたいことです。
この暖かい気持ちを大事するため、このバトン受け取らさせていただいます。

ということで、流石奇屋ヒットの『 経験バトン 』 です。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

『 経験バトン 』

(経験した事のあるものには○、ないものには×をつける。

そして、1個だけ質問を増やして5人にバトンを廻す。)


入院・・・○
あります。小学3年の頃、先天性の血液関係で。3週間入院していましたが、相部屋の女の子のお姉さん(たぶん中学生)に何故か気に入られ、いろいろあって良い思い出となっております。(どんないろいろかは言えません)

骨折・・・×
ありません(たぶん)。

失神・・・○
おなかが空きすぎて、電車の中で倒れた記憶があります。


風俗・・・×
ありません。機会があればいつでもチャレンジしたいという気持ちはあります。

補導・・・×
ありません(たぶん)。


女を殴る・・・×
男を殴る・・・×
人を殴ったことはありません。殴るまでのプロセスにもいったこともありません。

就職・・・○
あります。今です。



アルバイト・・・○
あります。学生時代に5年くらい、同じところでバイトしてました。お陰で今でもダンボールをつぶすのが早いです。(どこでバイトしていたかは言えません)


海外旅行・・・×
ありません。これは近々達成したいです。


ピアノ・・・×
ありません。憧れてはいます。


テレビ出演・・・○
たぶんあります。どこかのテーマパークの新装オープンで賑わう客として、10秒くらいでした。


ラグビー・・・×

ありません。新人歓迎で誘われて、一度だけ体験入部しましたが、いきなり長距離がはじまったので、辞めました。


北海道・・・○
あります。この旅行で結婚をすることとなりました。(どんな経緯かは言えません)

沖縄・・・○
あります。2回ほど。2回目はホテル日航アリビラで長期ステイ。あそこはいいです。

エスカレーターで逆走・・・×
ありません。気がついたら別階まで上がっていたってことはしょっちゅうですが・・・


金髪・・×

ありません。何を間違ったか、赤くなっていた時期はあります。

ピアス・・・×
ありません。ピアスの跡のようなものが耳たぶにあって、疑われたことはあります。

ラブレターをもらう・・・○
これ、結構あります。ありがたいことです。あまりにもありがたかったので気持ちの大小問わず、大事に取っておいたのですが、結婚と同時にすべて破棄しました。

幽体離脱・・・×
ありません。

先生に殴られる・・・○
あります。子供の頃、近所で空気銃で遊んでいたら、先生にばれてしまい、何故か殴られました。だったらおもちゃ屋に文句を言って欲しいものだと子供心に思ったものです。

コスプレ・・・×
ありません(たぶん)。その昔アマチュアバンドをやっていたので、そのころの衣装(のようなもの)が、コスプレ(のようなもの)かもしれませんが・・・


ストリート紙に載る・・・×
ありません。ストリート紙の定義がわかりません。


ナンパ・・・○
すみません。あります。しかも中学の頃。ひと夏の思い出ってことです。物心がちゃんとついてからはありません。


逆ナンパ・・・×
ありません(たぶん)。何か視線が、変な光線のようなものだったことは、昔ありましたが、無視をしました。


交通事故・・・×
ありません。

パーマ・・・×
ありません。父親から「絶対にパーマはかけるな」と教訓をいただいております。父の薄髪を見て、絶対にやめようと今でも心に留めています。ナイスアドバイスです。


飲んで記憶喪失・・・×
基本的に深酔いはしません。深酔いする前に気持ち悪くなります。要するに弱いってことです。


家出・・・×
ありません。


万引き・・・×
ありません。


自分で散髪・・・○
中学の頃、散髪つもりはさらさらなかったのですが、なでるだけで髪が切れる便利なものを、なですぎて、モヒカンのようになってしまったことはあります。(その後、散髪屋へ出向き、無事スポーツ刈になりました)


プロポーズ・・・○
なので、今ここに居ます。


食あたり・・・○
特技と言って良いほど、当たります。こんなものに運を使いたくはないのですが、よく当たります。


宝くじ・・・○
買ったことがあるので○。食あたりで運を使い果たしているので、当たりはしません。


電車で寝過ごしたこと・・・×
ありません。読書をしていて、乗り過ごすことはよくあります。後、違う線に乗っていたとか。

乗馬・・・×
ありません。

裸エプロン・・・×
ない。

目隠し・・・×
これって、それ方面の質問ですよね?だとしたらありません。目隠しされても困ります。

カップ麺の焼きそばをラーメンにして食べた・・・×
その逆ならやった記憶があるような気がします。「カップ麺のラーメンの麺だけを湯切りして焼きそばのようにした。」なら○だったのに・・・惜しい。

ソフトボールが顔面に直撃・・・×
素振りをしていたら友人の顔面に直撃したことはあります。犯罪の若年化ってことですか?

お見合いパーティーに行ったことがあるか・・・×
ありません。興味はあります。


富士山に登ったことがあるか・・・×
ありません。あまり面白くないって人からはよく聞きます。


パチスロをどう思う・・・×
ギャンブルは全般的に苦手です。父親は馬が好きです。


LIVEに行ったことがあるか・・・○
あります。高校時代は、いろいろと行っていました。やったこともあります。


サッカーをスタジアムで見たことがあるか・・・×
ありません。もっぱらテレビで応援しています。ちなみに、テレビでスポーツを観ていると、必ず眠くなります。なので、結果はあまり知りません。


流れ星を一晩に10個以上みたことがあるか・・・・×

ありません。

よなよなさんからの追加質問。
携帯電話のデータが突然、全消去・・・○
自力で消したわけではなく、携帯電話自体が壊れたことがありました。電話を交換したのですが、ドコモショップで、物凄くお詫びしていただきました。大してデータなかったのですけど・・・

みかんさんからの追加質問

海外ミステリーを読んだ事があるか・・・○
翻訳ものであれば、あります。ただ、どこかで書いたとおり登場人物の名前が、「キャサリン」とか「ジョン」とかよりは、「太郎」とか「花子」の方が、愛着があります。


Pさんからの追加質問
ネット上のミステリ研究会に興味はあるか・・・× 
あまりありません。


つながい★かすみからからの追加質問

ネット上で知り合った人と実際に会ったことがあるか・・・×
ありません。ネット上の「流石奇屋ヒット」が、現実の誰かは、きっと誰も知りません。

そして、わたくし流石奇屋ヒットからの追加質問
乗っているタクシーが追突事故を起こしたことがあるか・・○

これって、そんなに経験できることではないと思うんですけどね・・・。ちなみに、踏ん張ったので、ムチ打ち一つなかったです。


いやいや、結構忘れていたりすることもありますね。ここ最近は「新しい経験」というのがもっぱら少なくなってきているな~と妙に感慨深くなったりするバトンでございました。ふむふむ。

誠に勝手ながら、こちらからもバトンを受け取っていただける方を募集します。
ということで、興味のある方は率先して受け取ってみてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.15

祝!1周年

aozora

こんな画像にこんな記事で始まった「流石奇屋本舗(当時は「流石奇屋別宅」だった?)」。


11月13日を持ちまして、無事1周年を迎えることができました。

いやいや、ここ最近の放置ぶりもさておいて、よかったよかった。

(これがまた怪しいカウンタなのですけど)ユニークビジター数も1万件を超え、
(これがまただいぶ不安ではありますが)これからも末永く応援いただければと

切に

切に

切に

願いつつ、簡単ですが祝1周年です。


で、

せっかくなので、今思いついた1周年企画を2つほどご紹介します。


1周年企画第1段!!
「ハンドルネーム【流石奇屋ヒット】の謎」

永遠の謎といわれていたわたくし【流石奇屋ヒット】というハンドルネームの謎について、赤裸々に語ってみます。

1周年企画第2段!!
「流石奇屋ヒット、自らの記事を多く語る~印象に残った記事ベスト10」

この1年間にアップした記事の中から印象に残った記事をとりあげ、改めて解説をしてみたいと思います。もしかしたら、ベスト5になるかも知れません。


細々とまるで
「祝ってくれる人がいないけど、たまたま誕生日がクリスマスなもんだから、ケーキだけは買ってくるものの、いやいやクリスマスケーキにロウソクっていうのはどうだろうか?と思う反面、いや待てよ、このケーキはクリスマスを祝うつもりなのか誕生日を祝うものなのか、どっちだっけ?いいか、とにかく食べよ」
ってくらい地味な感じですが、ま、なんとなく頑張ってみます。


ということで、近日堂々公開!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.15

モブログシリーズ(副題:A型の私)

宿泊研修とか、上席への報告とか、既にデスマーチ状態だとか、ご理解いただける単語、理解不明単語で埋め尽くされている今日この頃。

ふと気がつくと、右サイドバーの「+おすすめ記事(自画自賛)」に福島旅行が追加されていないことに気がつき、しこしこと追加したもんで、ついでに記事宣伝しちゃおうかと思った次第です。

この「流石奇屋本舗」の生き残り策として続けているのが「モブログシリーズ」。

いわゆる旅先から、モブログを利用して、記事をリアル配信するといったモノなのですが、加えて旅の終了直後から【後記補完】を追加し、単なる垂れ流しの記事をなんとかちゃんとした記事にしようとする、A型の私です。

現在までに第3段までリリースされています。そんなラインアップはこちら

▼『モブログ九州』表紙 05年1月24日~1月26日の「九州旅行」をモブログで送るスペクタクル記事。堂々40記事!!

▼『モブログ京都』表紙
モブログ九州で味を締め、意外に早く第2段!!
05年3月15日~3月17日の「京都旅行」をモブログで送るスペクタクル記事。堂々なんと50記事!!

▼『モブログ福島』表紙
数々の応援を受けて(嘘)、堂々の第3段!!
05年7月25日~7月28日の「福島旅行」をモブログで送るスペクタクル記事。2泊3日のつもりが3泊4日!!

・・・いやいや、早く旅行にでも行って、ぐだぐだしたい堪え性のないA型の私。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.07.24

「モブログ福島」の詳細を小出しにする記事の3

さてさて、今週火曜日26日から28日の2泊3日で会津・裏磐梯あたりを旅行いたします。その際に携帯から当ブログへリアル配信する企画。それが「モブログ旅行記」でございます。

今回は、小出しにする記事の第3段。
「リアル配信の難しさと楽しみ」についてです。実はこの記事は、ちゃんとお伝えしたかったりします。

まずは、『難しい点。』
すでに「モブログ九州」「モブログ京都」と2つのモブログ旅行記を完成させていますが、難しさという点で共通している点が2つ。

それは
①携帯に付帯しているカメラによる撮影なので、撮るときうるさい。
これ、一番の問題です。
静かな場所では圧倒的にヒンシュクを買う。なんせあまり度胸のない小市民ですから、例えば食事のシーンなどは、ほとんど記事投稿しておりません。

②同行する妻には、このブログ運営そのものも含め、この企画自体が内緒ということになっている。
実はバレているんじゃないかって思っていますが、そこらあたりは、夫婦の暗黙の了解ってことで。
これも気にします。あんまり携帯ばかりに注意を注いでいると、「ほら、あれちょっと。ほらほら」などというコメントにあまり反応しなくなり、妻に冷たくされてしまいます。ほどほどってことです。

次に、『楽しみ。』
これはもう、旅行中の愛のある皆様からのコメントです。

モブログってコメント記事そのものを更新することができないようで、結果的に次の記事(もしくは気がついた時点以降の記事)で、コメントをお返しいたします。
例えばこんな感じ。
補完済『モブログ京都』■2日目5のコメントに補完済『モブログ京都』■2日目8の記事本文中にコメント返すの図。

大抵、平日なのですが、コメントいただければほんとに有難い気持ちになってしまいます。そして、楽しくなっていきます。簡単に言ってしまえば、これがモブログ旅行記の原動力であり、推進力。

ということで、皆様からの暖かいコメントを心よりお願いしたいと思ったりしてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.23

「モブログ福島」の詳細を小出しにする記事の2

物凄く忙しかった会社生活も、1週間のお休みをいただき、気分は福島モードでございます。
最近の当サイトの放置っぷりを払拭すべく、なるべく記事連投させていただきます。

さて、『「モブログ福島」の詳細を小出しにする記事の2』。
今回は「最近、福島旅行に行かれた方々のブログをご紹介する」こととします。

ちなみに「モブログシリーズ」のバックナンバーはこちら

「モブログ福島」発表から今までの記事はこちら
流石奇屋本舗の最大ヒット企画再来!!モブログ福島!!堂々敢行
「モブログ福島」の詳細を小出しにする記事

で、過去のモブロク旅行記シリーズはこちら
モブログ九州表紙(05年1月24日~1月26日)
モブログ京都表紙(05年3月15日~3月17日)

さて、それではご紹介。皆様、面白い記事ばかりです。

◎クマ公のひとりあそび【kumakou0024】さんとこの記事
==>全16つの「会津旅行記」が掲載されています。ホントに丁寧な説明に綺麗な写真。さすがに【後記補完】でもここまで丁寧に説明はできません。2日目は「会津若松歴史探訪」。松平家墓所で「鋭い気」を感じたそうです。桜が綺麗な季節に旅行されています。

◎管理人「ane★」のひとりごと。【ane0908】さんとこの記事
==>「大内宿の高遠そばから」とご紹介いただいていますので、現在も継続中の旅行記のようです。1時間30分待ちってのはすごいですね。ちょっと気になってはいましたが、さすがにそこまで待てるかどうかは微妙です。でも、記事や写真を見て、やっぱりおいしそうです。

◎屋根裏log【ma_sahiko】さんとこの記事
==>今回のモブログ福島のメイン観光地の狙いも高い「五色沼」レポートをご紹介いただいてます。
「毘沙門沼と青沼以外は、だからどーしたって感じでした(^_^;)」・・・って正直な方です。ま、2つの沼は◎ってことと解釈して、散策を楽しみしたいと思います。でも暑いんでしょうかね。

◎archaicの日記*sotto voce*【archaic】さんとこの記事
==>ご夫婦で福島旅行に行かれたようです。詩的表現で、落ち着いた感じの文章です。この方も「五色沼」に訪れたようで、「なんだか生き返ったようで自然と何度も深呼吸」とのこと。そうですよね。旅行でもしなければ自然を味わうことができないってのも悲しいことですが、やっぱり私も深呼吸をしに、旅行に行きます。

なんだか、いろんな方々の記事を読んでいると、ワクワクしてきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.20

「モブログ福島」の詳細を小出しにする記事

さて来週の26日(火)~28日(木)に「会津あたりの旅行」をしますが、この流石奇屋本舗に携帯からの記事投稿をリアル配信いたします。

このシリーズ「モブログ旅行記」は、すでに九州・京都に続く第3段。
皆様の暖かいリアルコメントに励まされながら、「癖になる旅行」を今回もまた実施するわけです。

さて、その事前記事として、今回は「概ねこのあたりを観光しようと思っています」的情報です。

今回の旅行で、候補に挙がっている観光地(もしくはキーワード)は以下の通りです。
・五色沼散策
・鶴ヶ城と会津武家屋敷
・近藤勇の墓
・東山温泉
・喜多方ラーメン
・大内宿
・塔のへつり

さてさて、上記観光地(もしくはキーワード)にピンと着た「福島通」の方からの、

「いやいや、あの辺りにいくなら、あそこは観光したほうがよいですよ」という観光地情報
とか
「是非、あれを食べてみたらいいんじゃないの」という食事処情報
などがあれば、コメント大募集でございます。

なんせ、「概ね決めている」だけですので、皆様からの暖かいご助言によって予定を変えること大いに歓迎でごさいます。是非、コメントお願いいたします。

次回、小出しの記事は、「最近、福島旅行を行かれた方のご紹介&TB大作戦」を予定しています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.07.16

流石奇屋本舗の最大ヒット企画再来!!モブログ福島!!堂々敢行

流石奇屋本舗の最大ヒット企画「モブログ旅行記」を敢行いたします。

モブログ九州」「モブログ京都」に続く、今回の旅は「福島」!!。

主に「裏磐梯・会津」を予定しています。

実施時期は、2005年7月26日~28日。

詳細は別途!!ご期待アレ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.04.26

『極北』と『オフビート』②

さて前回の『極北』に続き、今回は『オフビート』。

の前に、どうしてタイトルに「『極北』と『オフビート』」という二つの単語を並べていて、それをわざわざ①と②に分けているかというと、単純にまとめて記事が更新できるほど、連続した時間が確保できなかったからです。

ここへきて、意外に本来の世界が忙しく、あまりネットもできない状態。ちなみにこの状態は「極北」ではありません。強いて言うなら「極限」。でもまぁ「極限」ってほど忙しくもないので、あれですが。

さて、本題の『オフビート』。

普通に調べてみると、こう来ます。

オフビート[offbeat]
小節内の弱拍にアクセントを置くこと。四分の四拍子の場合、通常一拍と三拍にアクセントを置くが、これを二拍、四拍に置く。アフター-ビート。
MSN辞書より
とのこと。音楽の用語としての意味があります。
あれ?冷静に考えると、これって普通のポピュラーミュージックの定番ですよね。
例えば8ビートのドラムはスネアを二拍、四拍に置いたりしてますしね。

ですが最近は、例えばこんな使い方をします。

《コメディ? シリアス? サスペンス? オフビート? 分類不能な「殺し屋小説」の誕生》
(小説「グラスホッパー」のカバーに記載)

なんだか横並びに見てみると、小説のジャンルのような扱い。

Googleさんで、いろいろと調べてみます。
説1:「ワンテンポずれた」的解釈。
説2:「型破りな・風変わりな」的解釈。
説3:「あんまり力を入れすぎるなよ」的解釈。
説4:説2を拡大解釈し「普通じゃない」的解釈。

説2が本来の意味であると明言するのは、Fliers映画用語辞典さん。そういわれればそのようなニュアンスで利用されているケースが多いです。

王道ではなく邪道。
本流ではなく亜流。
ま、そういうことでしょうか?

ちなみに調べてみて気がついたのは、ほぼ「褒め言葉・魅力的な言葉」として使われていること。
更に、その魅力を理解すること自体を特権化して肯定する時に使われるようです。

要するに、
「○○はオフビートな作品だ」という言葉には、
「○○は風変わりであって、魅力的であるが、これを理解できることはセンスがあるということである。」という意味合いが隠れているのです。

総じてオフビートとは

オフビート[offbeat]
①小節内の弱拍にアクセントを置くこと。四分の四拍子の場合、通常一拍と三拍にアクセントを置くが、これを二拍、四拍に置く。アフター-ビート。
型破りな・風変わりな。その魅力を知りうることを特権化する時に使用することが多い

ただ単に風変わり(ストレンジ)という訳ではなく、魅力があるってところがオフビートの使いどころなんでしょうか?

勝手に解釈しましたが、いかがでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)